お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-14 10:25
有限な運用期間をもつ並列システムの定期点検方策
水谷聡志愛知工科大)・中川覃夫愛知工大R2012-69
抄録 (和) 複数のユニットから構成されるシステムを考え,期待費用を最小にする最適な定期点検方策を考える.点検により,故障数がある閾値以上になったことを検出したとき,総保全・取替えを実施する.とくに,有限な運用期間があらかじめ与えられている場合について検討する.点検費用と故障数が閾値を越えた時間にかかる損失費用と,故障数に比例する保全費用を導入したモデルとを考慮した期待費用を導出し,それを最小にする最適な点検回数を求める.故障がワイブル分布に従うとき,数値例を挙げて種々議論する. 
(英) This paper discusses optimal inspection policies for a multi-unit system with finite Interval. The models check the number of failed units by periodic inspection. When it is detected that the number of failed units exceeds a threshold lvel or a time given working time, the system is maintained. The expected cost rate is obtained and analyzes the optimal policies which minimize the expected cost rate. Numerical examples are given
when the failure distribution of each unit is Weibull distribution.
キーワード (和) 並列システム / 定期点検 / 最適方策 / 有限期間 / / / /  
(英) Paralell-unit / Perodic Inspection / Opimal Policy / Finite Interval / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 359, R2012-69, pp. 7-11, 2012年12月.
資料番号 R2012-69 
発行日 2012-12-07 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード R2012-69

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2012-12-14 - 2012-12-14 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 信頼性国際規格,保全性,信頼性一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2012-12-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 有限な運用期間をもつ並列システムの定期点検方策 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Periodic Inspection Policy for a Parallel System with Finite Operating Period 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 並列システム / Paralell-unit  
キーワード(2)(和/英) 定期点検 / Perodic Inspection  
キーワード(3)(和/英) 最適方策 / Opimal Policy  
キーワード(4)(和/英) 有限期間 / Finite Interval  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水谷 聡志 / Satoshi Mizutani / ミズタニ サトシ
第1著者 所属(和/英) 愛知工科大学 (略称: 愛知工科大)
Aichi University of Technology (略称: AUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 覃夫 / Toshio Nakagawa /
第2著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛知工大)
Aichi Institute of Technology (略称: AIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-14 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2012-69 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.359 
ページ範囲 pp.7-11 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-R-2012-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会