電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-14 15:15
知識データベースを用いたレーダ干渉除去処理の開発
富木洋一時枝幸伸菅原博樹日本無線
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 固体化レーダの普及にともない, 固体化レーダが従来レーダより長いパルス信号を送信するため, 船舶用レーダの干渉の増加が懸念される. 多数の固体化レーダによる厳しい干渉状況は, 従来レーダの干渉除去処理で対応することが困難であるので, 新たな干渉除去機能が必須となる. そこで, 従来の時間情報による干渉除去処理に加え, 周囲の電波環境に応じて, 空間情報, 周波数情報による干渉除去処理を適用する方式を提案する. 周囲電波環境への適応は, 受信信号から抽出した特徴量と事前に設定した知識データベースとの照合, および, その照合結果に基づく最適な信号処理の構築によって実現される. 周囲に固体化レーダが300台存在する環境等, 厳しいレーダ干渉状況を模擬したレーダシミュレーションを実施し, 十分な干渉除去性能を達成できることを確認した. 
(英) Radar interference problem will arise in the course of widespread of solid-state radars replacing the conventional shipborne radars. A number of solid-state radars can cause critical interference because each of them transmits pulses longer than conventional radars’; thereby a novel interference rejection technique is indispensable. For such problems, we propose the technique to adapt the interference rejection for circumstances, with signal processing based on frequency and spatial information, as well as on chronological information like conventional radars. Our novel technique relies on a knowledge database to determine the structure of the optimum signal processing. Through simulations of severe interference circumstances such that the radar is surrounded by 300 solid-state radars, we have successfully attained the sufficient interference rejection performance of our novel technique.
キーワード (和) 船舶用レーダ / 干渉除去 / 知識データベース / / / / /  
(英) shipborne radar / interference rejection / knowledge database / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 360, SANE2012-123, pp. 19-24, 2012年12月.
資料番号 SANE2012-123 
発行日 2012-12-07 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2012-12-14 - 2012-12-14 
開催地(和) 日本工業大学 
開催地(英) Nippon Institute of Technology 
テーマ(和) レーダ信号処理及び一般 
テーマ(英) Radar signal processing and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2012-12-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 知識データベースを用いたレーダ干渉除去処理の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Radar Interference Rejection Processing with Knowledge Database 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 船舶用レーダ / shipborne radar  
キーワード(2)(和/英) 干渉除去 / interference rejection  
キーワード(3)(和/英) 知識データベース / knowledge database  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 富木 洋一 / Yoichi Tomiki / トミキ ヨウイチ
第1著者 所属(和/英) 日本無線株式会社 (略称: 日本無線)
Japan Radio Co.,Ltd. (略称: JRC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 時枝 幸伸 / Yukinobu Tokieda / トキエダ ユキノブ
第2著者 所属(和/英) 日本無線株式会社 (略称: 日本無線)
Japan Radio Co.,Ltd. (略称: JRC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅原 博樹 / Hiroki Sugawara / スガワラ ヒロキ
第3著者 所属(和/英) 日本無線株式会社 (略称: 日本無線)
Japan Radio Co.,Ltd. (略称: JRC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-14 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2012-123 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.360 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2012-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会