お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-14 09:05
反射箱内の小動物に対する数値ドシメトリ
チャカロタイ ジェドヴィスノプ王 建青藤原 修名工大)・和氣加奈子渡辺聡一NICTEMCJ2012-86
抄録 (和) 小動物を用いたばく露実験のために開発された反射箱型ばく露装置内での生体に対する比吸収率の算出法として, これまで実験と数値解を組み合わせたハイブリッド手法が提案されており, 反射箱内の小動物のばく露量設計に用いられてきた. しかしながら, そのハイブリッド法の妥当性及び精度について検討された例はない. 本研究では, 均質な損失体をも含めた複合モデルを解析できるEFIE-PMCHWT定式化によるモーメント法を用い, 反射箱内に置かれた均質な誘電体球及び回転楕円体の比吸収率を求め, ハイブリッド法による計算結果と比較し, その有効性及び適用指針について明らかにする. 
(英) As an evaluation method of the specific absorption rate (SAR) of biological bodies inside a reverberation chamber (RC) which has been developed for bio-effect testing using small animals, a hybrid technique combining numerical solutions with experiment data has been proposed and used to determine the exposure level of small animals in the RC. However, the validity and accuracy of the hybrid method has never been investigated. In this study, we used the method of moments with the Poggio-Miller-Chang-Harrington-Wu-Tsai (PMCHWT) formulation to find the whole-body average SAR of the homogeneous lossy dielectric sphere or spheroid which is placed inside the RC, and then we compared the results obtained by using the hybrid technique. Finally, we discussed the availability and scope of application of the hybrid method.
キーワード (和) 電波影響試験 / 比吸収率 / 反射箱 / ハイブリッド法 / モーメント法. / / /  
(英) bio-effect testing / specific absorption rate / reverberation chamber / hybrid technique / method of moments / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 361, EMCJ2012-86, pp. 1-6, 2012年12月.
資料番号 EMCJ2012-86 
発行日 2012-12-07 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2012-86

研究会情報
研究会 EMCJ IEE-EMC  
開催期間 2012-12-14 - 2012-12-14 
開催地(和) 岐阜大学 
開催地(英) Gifu Univ. 
テーマ(和) 電力, 生体, EMC, 一般 
テーマ(英) Power electronics, Biomedical, EMC, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2012-12-EMCJ-EMC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 反射箱内の小動物に対する数値ドシメトリ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Numerical Dosimetry of Small Animal in Reverberation Chamber 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波影響試験 / bio-effect testing  
キーワード(2)(和/英) 比吸収率 / specific absorption rate  
キーワード(3)(和/英) 反射箱 / reverberation chamber  
キーワード(4)(和/英) ハイブリッド法 / hybrid technique  
キーワード(5)(和/英) モーメント法. / method of moments  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) チャカロタイ ジェドヴィスノプ / Jerdvisanop Chakarothai / チャカロタイ ジェドヴィスノプ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 建青 / Jianqing Wang / オウ ケンセイ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 修 / Osamu Fujiwara / フジワラ オサム
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 和氣 加奈子 / Kanako Wake / ワケ カナコ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 聡一 / Soichi Watanabe /
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-14 09:05:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2012-86 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.361 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2012-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会