お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-14 13:30
アプリケーションへの影響を考慮した動的なサーバ統合手法の提案
橋本雅至奈良先端大)・池部 実大分大)・岡本慶大猪俣敦夫藤川和利奈良先端大IA2012-68
抄録 (和) 増加傾向にあるデータセンタの消費電力を抑制することを目的として,低負荷な物理サーバ上のVMを移送し,物理サーバを統合することで稼働台数を抑制する手法が盛んに研究されている.例えば,VMware DRS/DPMのような商用システムでは,充分なデータをもとに計算し,定期的に物理サーバを統合する.しかし,計算コストが高いため,急激な負荷変動に柔軟に対応したり,物理サーバのスケーラビリティを確保することができない.そこで本研究では,Best-Fitアルゴリズムをベースとすることで計算コストを低く抑えつつ,閾値の動的変更とVMのスワップ手法を用いることで更なる消費電力削減を目指す.ただし,閾値の動的変更や,VMのスワップ手法はVMマイグレーションを頻発させる原因となるので,消費電力削減量とVMマイグレーション回数とのトレードオフに関して議論する. 
(英) Server consolidation techniques have widely been studied to reduce energy consumption in datacenters. One solution is to periodically consolidate servers, such as VMware DRS/DPM, however, due to high calculation cost, such systems cannot keep up with the trend of sharp fluctuation in VMs' resource utilization. Furthermore, the high calculation cost causes scalability issue. In this research, we propose a new server consolidation mechanism that uses the Best-Fit algorithm enhanced with Dynamic Threshold management and VMs' swap technique. The best-fit algorithm is useful to reduce the calculation cost, and our mechanism contributes to reduce more energy consumption than the best-fit algorithm in some cases, though number of VM migrations have increased. Finally, we discuss the tradeoff among energy consumption, calculation cost, and number of VM migrations.
キーワード (和) 省電力 / クラウドコンピューティング / データセンタ / 仮想計算機 / ライブマイグレーション / / /  
(英) energy saving / cloud computing / datacenter / virtual machines / live migration / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 353, IA2012-68, pp. 55-60, 2012年12月.
資料番号 IA2012-68 
発行日 2012-12-06 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2012-68

研究会情報
研究会 IN IA  
開催期間 2012-12-13 - 2012-12-14 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City Univ. 
テーマ(和) インターネットやイントラネットの信頼性,品質,計測,監視, セキュリティ,トラヒック理論および一般 
テーマ(英) Internet and Intranet Reliability, Quality Controls, Measurement, Monitoring, Security, Traffic Theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2012-12-IN-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アプリケーションへの影響を考慮した動的なサーバ統合手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A proposal for dynamic server consolidation considering the impact on applications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 省電力 / energy saving  
キーワード(2)(和/英) クラウドコンピューティング / cloud computing  
キーワード(3)(和/英) データセンタ / datacenter  
キーワード(4)(和/英) 仮想計算機 / virtual machines  
キーワード(5)(和/英) ライブマイグレーション / live migration  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 雅至 / Masashi Hashimoto / ハシモト マサシ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 池部 実 / Minoru Ikebe / イケベ ミノル
第2著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 慶大 / Yoshihiro Okamoto / オカモト ヨシヒロ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 猪俣 敦夫 / Atsuo Inomata / イノマタ アツオ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤川 和利 / Kazutoshi Fujikawa / フジカワ カズトシ
第5著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-14 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2012-68 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.353 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2012-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会