電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-13 15:20
ユーザコンテキストに基づいた個人・組織情報へのアクセス制御
伊藤 仁小林秀幸岡本圭史仙台高専)・青野雅樹豊橋技科大)・高橋 薫仙台高専
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) コンピュータやインターネットの利用が爆発的に増加し,様々な機関でデータの収集や蓄積が行われてきている.
また,近年におけるモバイル端末の普及により,動的な環境において情報へのアクセスを行うユーザが増加している.
本稿では,動的な環境を対象とした個人・組織情報へのユーザコンテキストに基づいたアクセス制御について述べる.
始めに,オントロジーを用いた個人・組織情報の表現手法を提案する.
次にモデル化された情報に対してRBACモデルとユーザコンテキストをオントロジーで表現したロールオントロジーとコンテキストオントロジーを用いたアクセス制御手法の提案を行う.
アクセス対象となる個人・組織情報をモデル化し,アクセス制御情報と統一的な運用を行うことで柔軟かつきめ細かな権限の割り当てが可能となる. 
(英) This paper presents an access control for personal and group information based on ontology and user context.
First, an ontology model for the information is given by which a fine-grained and flexible access scope of the information can be defined.
Then we propose an RBAC based access control method for the information.
It can be adapted to both static and dynamic environments by using role and context ontologies which we newly introduce in this paper.
Based on the concept of ontology, our research consistently deals with the modeling and access control for the information in a unified way with privacy protection considered.
キーワード (和) 個人・組織情報 / プライバシー / オントロジー / RBAC / ユーザコンテキスト / / /  
(英) personal and group information / privacy / ontology / RBAC / user context / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 353, IA2012-60, pp. 7-12, 2012年12月.
資料番号 IA2012-60 
発行日 2012-12-06 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN IA  
開催期間 2012-12-13 - 2012-12-14 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City Univ. 
テーマ(和) インターネットやイントラネットの信頼性,品質,計測,監視, セキュリティ,トラヒック理論および一般 
テーマ(英) Internet and Intranet Reliability, Quality Controls, Measurement, Monitoring, Security, Traffic Theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2012-12-IN-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ユーザコンテキストに基づいた個人・組織情報へのアクセス制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An access control for personal and group information based on user context 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 個人・組織情報 / personal and group information  
キーワード(2)(和/英) プライバシー / privacy  
キーワード(3)(和/英) オントロジー / ontology  
キーワード(4)(和/英) RBAC / RBAC  
キーワード(5)(和/英) ユーザコンテキスト / user context  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 仁 / Jin Ito / イトウ ジン
第1著者 所属(和/英) 仙台高等専門学校 (略称: 仙台高専)
Sendai Nationlal College of Technology (略称: SNCT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 秀幸 / Hideyuki Kobayashi / コバヤシ ヒデユキ
第2著者 所属(和/英) 仙台高等専門学校 (略称: 仙台高専)
Sendai Nationlal College of Technology (略称: SNCT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 圭史 / Keishi Okamoto / オカモト ケイシ
第3著者 所属(和/英) 仙台高等専門学校 (略称: 仙台高専)
Sendai Nationlal College of Technology (略称: SNCT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 青野 雅樹 / Masaki Aono / アオノ マサキ
第4著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 薫 / Kaoru Takahashi / タカハシ カオル
第5著者 所属(和/英) 仙台高等専門学校 (略称: 仙台高専)
Sendai Nationlal College of Technology (略称: SNCT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-13 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2012-60 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.353 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2012-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会