電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-13 16:15
CRLH線路を用いた並列リング型疎結合ラットレース回路
住友祐馬河合 正榎原 晃太田 勲兵庫県立大)・佐藤 圭鈴木恭宜岡崎浩司楢橋祥一NTTドコモMW2012-132 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2012-132
抄録 (和) 同相/逆相分配のラットレース回路において,2出力のアンバランスを大きくした場合,一対のリング線路部の特性インピーダンスを大きくする必要があり,アンバランス化には一定の限界がある.これに対して一対のリング線路部を並列リングとした回路構成で,並列リング線路部の2つの線路の特性アドミタンス差を小さくすることで,2出力のアンバランスの大きな回路が実現できることを既に報告している.本研究では, CRLH線路を用いた構成とすることで,回路の小型化を実現すると共に,結合度-20dBの疎結合回路を設計して電磁界シミュレーションと試作実験より回路構成法の有効性を確認している. 
(英) This paper treats a parallel-ring-type rat-race circuit for loose coupling utilizing composite right-/left-handed transmission lines(CRLH-TLs). For conventional rat-race circuits maximum of unbalanced power ratio from two output ports is limited by characteristic impedance of one pair of ring-lines that can be manufactured. We have already proposed a parallel-ring-type rat-race circuit for loose coupling utilizing only RH-TLs and realized the rat-race circuit with a large unbalance power ratio. In this research, the proposed parallel-ring-type rat-race circuit utilizing CRLH-TLs can achieve broadband characteristics and compact circuit size with a coupling factor of -20dB. Furthermore, the validity of this design procedure has been demonstrated by em-simulations and experiments at 4GHz band.
キーワード (和) マイクロ波受動回路素子 / 右手系/左手系複合線路 / ラットレース回路 / 疎結合 / 広帯域 / 小型化 / /  
(英) Microwave passive components / CRLH-TL / rat-race circuit / loose coupling / broadband / compact / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 355, MW2012-132, pp. 31-36, 2012年12月.
資料番号 MW2012-132 
発行日 2012-12-06 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2012-132 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2012-132

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2012-12-13 - 2012-12-14 
開催地(和) 山梨大学 
開催地(英) Univ. of Yamanashi 
テーマ(和) マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2012-12-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CRLH線路を用いた並列リング型疎結合ラットレース回路 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Parallel-Ring-Type Rat-Race Circuit for Loose Coupling Utilizing Composite Right/Left-Handed Transmission Lines 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロ波受動回路素子 / Microwave passive components  
キーワード(2)(和/英) 右手系/左手系複合線路 / CRLH-TL  
キーワード(3)(和/英) ラットレース回路 / rat-race circuit  
キーワード(4)(和/英) 疎結合 / loose coupling  
キーワード(5)(和/英) 広帯域 / broadband  
キーワード(6)(和/英) 小型化 / compact  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 住友 祐馬 / Yuma Simitomo / スミトモ ユウマ
第1著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 河合 正 / Tadashi Kawai / カワイ タダシ
第2著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎原 晃 / Akira Enokihara / エノキハラ アキラ
第3著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 勲 / Isao Ohta / オオタ イサオ
第4著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 圭 / Kei Satoh / サトウ ケイ
第5著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 恭宜 / Yasunori Suzuki / スズキ ヤスノリ
第6著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 浩司 / Hiroshi Okazaki / オカザキ ヒロシ
第7著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 楢橋 祥一 / Shoichi Narahashi / ナラハシ ショウイチ
第8著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-13 16:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2012-132 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.355 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2012-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会