お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-13 09:00
リアルタイムWeb技術によるHEMSサービスクラウド化の検討
増尾 剛中村二朗松岡茂登NTT)・長谷川 剛村田正幸阪大)・松田和浩NTT-ATNS2012-117
抄録 (和) 家電機器の省電力化の分野においてHEMS(Home Energy Management System)が省エネ化の一つのキー技術として注目されており、HEMS に用いられるプロトコルとして、日本ではECHONET、ECHONET Liteの検討及び普及促進が図られている。現在HEMSはHAN(Home Area Network)内に閉じたシステムとして実装されているが、コストの低減を図るための方法として、家電製品をWoT(Web of Things)化し、HEMSをクラウド型ASPサービスとして提供することが考えられる。そこで本稿では、クラウド型ASPサービスとしてHEMSを実現するために必要となる、家電製品のWoT化について検討を行った結果を報告する。具体的には、全体のアーキテクチャ、HEMSの実現に必要となる双方向Webサービスの実装方法の比較検討結果を示し、最後にプロトタイプ実装を示す。 
(英) Home Energy Management System (HEMS) is paid much attraction as one of power-saving technologies for home appliances. In Japan, ECHONET and ECHONET Lite are possible candidates as HEMS protocol. Although the current HEMS is implemented as a closed system within Home Area Network (HAN), increased cost becomes a serious problem in large-scale deployment of HEMS. Therefore, in this report, we propose a method to apply ASP service for implementing HEMS at a low cost. We show the overall architecture, performance evaluation of protocol implementations for interactive Web service, and prototype implementation of the proposed system.
キーワード (和) HEMS / リアルタイムWeb / WebSocket / ECHONET / / / /  
(英) HEMS / Realtime Web / WebSocket / ECHONET / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 350, NS2012-117, pp. 1-6, 2012年12月.
資料番号 NS2012-117 
発行日 2012-12-06 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2012-117

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2012-12-13 - 2012-12-14 
開催地(和) 愛媛大学 
開催地(英) Ehime Univ. 
テーマ(和) モバイル、アドホック、ユビキタス、無線、セキュリティ、マルチアクセス、アクセスネットワーク・UserNetworkInterface、Homeネットワーク、一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-12-NS-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リアルタイムWeb技術によるHEMSサービスクラウド化の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on HEMS over Cloud System utilizing Realtime Web Technologies 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) HEMS / HEMS  
キーワード(2)(和/英) リアルタイムWeb / Realtime Web  
キーワード(3)(和/英) WebSocket / WebSocket  
キーワード(4)(和/英) ECHONET / ECHONET  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 増尾 剛 / Tsuyoshi Masuo / マスオ ツヨシ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 二朗 / Jiro Nakamura / ナカムラ ジロウ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 茂登 / Morito Matsuoka / マツオカ モリト
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 剛 / Go Hasegawa / ハセガワ ゴウ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka University)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata / ムラタ マサユキ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka University)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 和浩 / Kazuhiro Matsuda / マツダ カズヒロ
第6著者 所属(和/英) エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジー株式会社 (略称: NTT-AT)
NTT Advanced Technology Corporation (略称: NTT-AT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-13 09:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2012-117 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.350 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会