電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-13 15:45
シングル磁気記録におけるNLTSと記録補償の一検討
高田一樹岡本好弘延原寛史仲村泰明大沢 寿愛媛大)・村岡裕明東北大エレソ技報アーカイブへのリンク:MR2012-35
抄録 (和) シングル(瓦)磁気記録(SMR : shimgled magnetic recording)におけるNLTS(nonlinear transition shift)の測定と記録補償について検討している. 離散Voronoi図からなる離散グラニュラ媒体を用いたシングル磁気記録再生系モデルにおいてNLTSを測定し, 前のトラックの記録系列がNLTSに影響することを示している. また, NLTSに対する記録補償を提案し, 面記録密度4Tb/in2を想定したシングル磁気記録再生系においてNLTSとBER(bit error rate)特性により評価を行っている. その結果, 提案の記録補償を行うことで, NLTSを補償することができるが, BER特性はかえって劣化してしまうことが明らかとなった. 
(英) A measurement method of nonlinear transition shift (NLTS) and the write precompensation in the shingled magnetic recording (SMR) are studied. In SMR R/W channel using a discrete granular medium composed of the discrete Voronoi diagram, we measure the NLTS and show had the previous track influences to the NLTS of the current track. We propose a new write precompensation by considering the recording sequence in previously recorded adjacent track, and evaluate our proposed write precompensation method by the remained NLTS and the bit error rate (BER) performance for the SMR R/W channel under a recording density of 4 Tb/in2. It is clarified that our proposed write precompensation method prevents the NLTS, however the BER performance a little degrades compared with that of the case without the write precompensation.
キーワード (和) シングル磁気記録 / 離散Voronoiモデル / NLTS / 記録補償 / / / /  
(英) SMR / descrete Voronoi model / NLTS / write precompensation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, 2012年12月.
資料番号  
発行日 2012-12-06 (MR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 MRIS ITE-MMS  
開催期間 2012-12-13 - 2012-12-14 
開催地(和) 愛媛大学 
開催地(英) Ehime Univ. 
テーマ(和) 信号処理, 一般 
テーマ(英) Signal Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MRIS 
会議コード 2012-12-MR-MMS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) シングル磁気記録におけるNLTSと記録補償の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on NLTS and write precompensation in shingled magnetic recording 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シングル磁気記録 / SMR  
キーワード(2)(和/英) 離散Voronoiモデル / descrete Voronoi model  
キーワード(3)(和/英) NLTS / NLTS  
キーワード(4)(和/英) 記録補償 / write precompensation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 一樹 / Kazuki Takada / タカダ カズキ
第1著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 好弘 / Yoshihiro Okamoto / オカモト ヨシヒロ
第2著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 延原 寛史 / Hirohumi Nobuhara / ノブハラ ヒロフミ
第3著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 仲村 泰明 / Yasuaki Nakamura / ナカムラ ヤスアキ
第4著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大沢 寿 / Hisashi Osawa / オオサワ ヒサシ
第5著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 村岡 裕明 / Hiroaki Muraoka / ムラオカ ヒロアキ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-13 15:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MRIS 
資料番号 IEICE-MR2012-35 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.354 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MR-2012-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会