電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-12 00:50
ゲーミフィケーションを用いた対話エージェントのための学習データ獲得
岩田直之名大)・鳥海不二夫東大)・平山高嗣榎堀 優名大)・稲葉通将広島市大)・間瀬健二名大
抄録 (和) 我々は特定のタスクを持たない雑談などの対話を行なう対話エージェントの実現を目指している.
雑談を行なうためには,様々な話題・状況に適切に対応するための学習を行なう必要があり,大量の学習データが必要となる.
そこで本研究では,対話エージェントのための学習データの大量獲得手法を提案する.
学習データの獲得にはクラウドソーシングとゲーミフィケーションを用いる.
データ獲得実験を行なった結果,22日間で460人の参加者から,4694個の学習データを獲得した.
また,獲得した学習データの有効性を確認するための評価実験を行なった結果,
対話エージェントの学習に有用な学習データを獲得できたことが示された. 
(英) We design a no-task oriented dialogue agent.
This agent requires a large amount of training data in order to chat properly with human.
In this paper, we propose a training data acquisition method for a dialogue agent.
Our method consists of the crowdsourcing and the gamification.
As a result of experiment data acquisition in 22 days, we acquired the 4694 training data.
In order to prove validity of acquired data, we checked the performance.
The result shows that we acquired the useful training data for dialogue agent.
キーワード (和) 対話エージェント / 非タスク指向 / クラウドソーシング / ゲーミフィケーション / / / /  
(英) dialogue agent / non-task oriented / crowdsourcing / gamification / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2012-12-10 - 2012-12-12 
開催地(和) くまもと森都心プラザ 
開催地(英) Kumamoto-Shintoshin-plaza 
テーマ(和) HCGシンポジウム2012 ~ 新たな流れを作り出すパワーを ~ 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2012-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ゲーミフィケーションを用いた対話エージェントのための学習データ獲得 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Data acquisition using gamification for training a dialogue agent 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 対話エージェント / dialogue agent  
キーワード(2)(和/英) 非タスク指向 / non-task oriented  
キーワード(3)(和/英) クラウドソーシング / crowdsourcing  
キーワード(4)(和/英) ゲーミフィケーション / gamification  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 直之 / Naoyuki Iwata / イワタ ナオユキ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鳥海 不二夫 / Fujio Toriumi / トリウミ フジオ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平山 高嗣 / Takatsugu Hirayama / ヒラヤマ タカツグ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎堀 優 / Yu Enokibori / エノキボリ ユウ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲葉 通将 / Michimasa Inaba / イナバ ミチマサ
第5著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 間瀬 健二 / Kenji Mase / マセ ケンジ
第6著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-12 00:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会