お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-12 14:40
最近のライフログの研究について ~ プライバシー保護の観点から ~
藤原葉平成瀬一明上杉志朗松山大SITE2012-46
抄録 (和) 日常生活の履歴を蓄積した記録である「ライフログ」の応用が研究されている.一方「ライフログ」は,個人情報でもあることから,「ライフログ」のプライバシー保護に関する研究も近年行われるようになっている.本研究では,「ライフログ」および「ライフログ・プライバシー」に関する文献調査を行い,最近のトピックスと共に考察した. 
(英) Researches of application of the "Life-Log" system has been prevalent. Because, "Life- Log" system deals with personal information, issues relating to privacy protection, have become important research aspects. In this study, we conducted a survey of literature on "Life-Log" and "Life-Log Privacy" in IEICE and IEEE database, In addition, we studied recent research topics relating to "Life-Log and Privacy".
キーワード (和) ライフログ / プライバシー保護 / CiNii / 文献研究 / / / /  
(英) Life-Log / Privacy protection, / CiNii / Literature review / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 343, SITE2012-46, pp. 19-24, 2012年12月.
資料番号 SITE2012-46 
発行日 2012-12-05 (SITE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SITE2012-46

研究会情報
研究会 SITE  
開催期間 2012-12-12 - 2012-12-12 
開催地(和) 常翔学園大阪センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 情報教育,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2012-12-SITE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 最近のライフログの研究について 
サブタイトル(和) プライバシー保護の観点から 
タイトル(英) Recent research trends of Life-Log 
サブタイトル(英) From the perspective of Privacy Protection 
キーワード(1)(和/英) ライフログ / Life-Log  
キーワード(2)(和/英) プライバシー保護 / Privacy protection,  
キーワード(3)(和/英) CiNii / CiNii  
キーワード(4)(和/英) 文献研究 / Literature review  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 葉平 / Yohei Fujiwara / フジワラ ヨウヘイ
第1著者 所属(和/英) 松山大学大学院 (略称: 松山大)
Matsuyama University (略称: Matsudai)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 成瀬 一明 / Kazuaki Naruse / ナルセ カズアキ
第2著者 所属(和/英) 松山大学 (略称: 松山大)
Matsuyama University (略称: Matsudai)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上杉 志朗 / Shiro Uesugi / ウエスギ シロウ
第3著者 所属(和/英) 松山大学 (略称: 松山大)
Matsuyama University (略称: Matsudai)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-12 14:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SITE 
資料番号 IEICE-SITE2012-46 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.343 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SITE-2012-12-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会