電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-12 15:50
情報倫理教育におけるジレンマの導入と、大学の授業改革
辰己丈夫東京農工大)・中野由章阪電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 筆者らは、現代の情報社会で現実に直面するジレンマを授業で取り上げ、議論を通して一面的な知識ではない情報倫理を学ぶことができるかという点に着目した授業実践を行なった。実践の結果から、学生たちは技術的な意欲・関心を減らすことなく、情報倫理に関する知識や考え方に興味を示すようになった。我々が行なった本実践は、現在の大学教育に求められている「『知識を覚える』から『考える』への転換」の一つの例ともなっている。それは、キャリア教育や産業界が大学卒業者に求める能力であるともいえる。本発表では、情報倫理教育へのジレンマの導入が、大学の授業改革にどのような役割を果たし得るかについて、議論を行なう。 
(英) The authors provided the freshmen in the university with the lessons on the information technology and the dilemma, and succeeded in motivating them. As a result of our experimental lessons, the level of students' motivation on ethical issues was improved without losing the motivation levels of other areas. In our experiment, we found a changing a way from "What to memorize in university" to "How to think it practically in university." The authors think such changing way will be necessary in university education.
キーワード (和) 情報倫理 / 情報教育 / 情報科教育法 / / / / /  
(英) Information Ethics / Information Studies Education / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 343, SITE2012-48, pp. 31-36, 2012年12月.
資料番号 SITE2012-48 
発行日 2012-12-05 (SITE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SITE  
開催期間 2012-12-12 - 2012-12-12 
開催地(和) 常翔学園大阪センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 情報教育,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2012-12-SITE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 情報倫理教育におけるジレンマの導入と、大学の授業改革 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Incorporating dilemma to information ethics education to improve the way of university education 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報倫理 / Information Ethics  
キーワード(2)(和/英) 情報教育 / Information Studies Education  
キーワード(3)(和/英) 情報科教育法 /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 辰己 丈夫 / Takeo Tatsumi / タツミ タケオ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agri & Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 由章 / Yoshiaki Nakano / ナカノ ヨシアキ
第2著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Elec Comm Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-12 15:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SITE 
資料番号 IEICE-SITE2012-48 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.343 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SITE-2012-12-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会