お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-11 16:30
課題提出を支援するリマインダの開発
谷村 祐西田滉季納富一宏神奈川工科大
抄録 (和) 本研究では,質を伴った学修時間を確保する手段として課題レポートのやり取りに着目し,それをサポートするシステムの検討,構築を進めている.そこで最初に,課題の再提出を支援する機能を持った課題提出システムを開発した.本稿では,個人の能力を考慮した上で,リマインド情報の提示タイミングや頻度を自動的に設定する機能を持ったリマインダのサーバ部分を中心に詳細を述べる.また,実稼働に向けて,リマインドに対する反応の検証実験を行った.その結果,リマインド回数を増やすことが課題提出率を上げるために効果的である可能性と,難しい課題では,リマインド回数を増やすだけではあまり効果がない可能性があることが分かった. 
(英) In this study, as the way for making students certainly schedule learning time with quality, we research and develop a supporting system for students' doing homework, submitting reports and reminding them homework. First of all, we developed a report submission system. Second, in this article, we described the server side mechanism of a reminder system for supporting report submissions in detail. The reminder automatically schedules frequencies and spans of reminding to suit the needs and abilities of student users. We performed the experiment of user’s reaction and performance against the reminding for the full-scale operation. At the result, more frequent reminds are effective for increasing the percentage of report submission, but it's not effective for hard homework.
キーワード (和) 教育工学 / リマインダ / レポート提出 / 教育支援 / 学習ポートフォリオ / / /  
(英) Educational technology / Reminder / Report submission / Education support / Learning Portfolio / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2012-12-10 - 2012-12-12 
開催地(和) くまもと森都心プラザ 
開催地(英) Kumamoto-Shintoshin-plaza 
テーマ(和) HCGシンポジウム2012 ~ 新たな流れを作り出すパワーを ~ 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2012-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 課題提出を支援するリマインダの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of reminder system for supporting report submissions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 教育工学 / Educational technology  
キーワード(2)(和/英) リマインダ / Reminder  
キーワード(3)(和/英) レポート提出 / Report submission  
キーワード(4)(和/英) 教育支援 / Education support  
キーワード(5)(和/英) 学習ポートフォリオ / Learning Portfolio  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷村 祐 / Yu Tanimura / タニムラ ユウ
第1著者 所属(和/英) 神奈川工科大学大学院 (略称: 神奈川工科大)
Graduate School of Engineering, Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Institute of Technology)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西田 滉季 / Kouki Nishida / ニシダ コウキ
第2著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Institute of Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 納富 一宏 / Kazuhiro Notomi / ノウトミ カズヒロ
第3著者 所属(和/英) 神奈川工科大学大学院 (略称: 神奈川工科大)
Graduate School of Engineering, Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Institute of Technology)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-11 16:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会