電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-11 14:25
スマートフォンにおけるゲームパッドを意識したキー操作の分析
山田健一朗野口敦弘納富一宏神奈川工科大)・斎藤恵一国際医療福祉大
抄録 (和) 本研究では,スマートフォンやタブレット端末といったタッチパネルで使用できる,マルチタッチ機能を用いたキーストローク認証手法を提案している.先行研究では,スマートフォンにおけるテンキー入力による画面ロック解除時の認証動作を想定したキーストローク認証実験を行ってきた.本稿では,スマートフォンにおけるゲーム操作時のキー入力情報を利用したキーストローク認証手法を提案した.スマートフォンの画面上に,ゲームパッドを意識したキー配置を表示し,キー操作実験を行った.複数パターンのキー操作実験から得られた特徴量を,自己組織化マップにより学習・分析を行い,認証精度を算出した.得られた認証精度から,個人識別に最適な特徴量の検討を行った.実験から,認証精度78.0%~85.0%の結果が得られた. 
(英) In this study, we have proposed, implemented and evaluated a keystroke authentication method using multi-touch-mode on smartphone and tablet PC as a usual operation for using mobile devices. In this article, we verified effectiveness of the keystroke authentication method using smartphone. Keystroke authentication is one of biometric authentications. We analyzed keystroke patterns using Self-Organizing Maps (SOM), and calculated authentication accuracy. Holding landscape-mode on a smartphone, we experimented assuming a game operation. As a future work, we will develop and extend our keystroke authentication method, which is able to identify as correct and authorized user whenever anyone use mobile devices. The precision of the authentication that we obtained is 78.0% ~ 85.0%.
キーワード (和) バイオメトリクス認証 / キーストローク認証 / マルチタッチ / 自己組織化マップ / スマートフォン / ゲームパッド / /  
(英) Biometrics Authentication / Keystroke Authentication / Multi-touch / Self-Organizing Map / Smartphone / Gamepad / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2012-12-10 - 2012-12-12 
開催地(和) くまもと森都心プラザ 
開催地(英) Kumamoto-Shintoshin-plaza 
テーマ(和) HCGシンポジウム2012 ~ 新たな流れを作り出すパワーを ~ 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2012-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スマートフォンにおけるゲームパッドを意識したキー操作の分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Key Operation like the Gamepad Style for Smartphone 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) バイオメトリクス認証 / Biometrics Authentication  
キーワード(2)(和/英) キーストローク認証 / Keystroke Authentication  
キーワード(3)(和/英) マルチタッチ / Multi-touch  
キーワード(4)(和/英) 自己組織化マップ / Self-Organizing Map  
キーワード(5)(和/英) スマートフォン / Smartphone  
キーワード(6)(和/英) ゲームパッド / Gamepad  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 健一朗 / Kenichiro Yamada / ヤマダ ケンイチロウ
第1著者 所属(和/英) 神奈川工科大学大学院 (略称: 神奈川工科大)
Graduate School of Engineering, Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Institute of Technology)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野口 敦弘 / Atsuhiro Noguchi / ノグチ アツヒロ
第2著者 所属(和/英) 神奈川工科大学大学院 (略称: 神奈川工科大)
Graduate School of Engineering, Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Institute of Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 納富 一宏 / Kazuhiro Notomi / ノウトミ カズヒロ
第3著者 所属(和/英) 神奈川工科大学大学院 (略称: 神奈川工科大)
Graduate School of Engineering, Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Institute of Technology)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 恵一 / Keiichi Saito / サイトウ ケイイチ
第4著者 所属(和/英) 国際医療福祉大学情報教育センター (略称: 国際医療福祉大)
Education Center of Medical Informatics , International University of Health and Welfare (略称: International University of Health and Welfare)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-11 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会