電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-11 11:30
二者間の行動の一致性と時間差に基づく外部観察者の共感解釈の分析
熊野史朗大塚和弘松田昌史大和淳司NTT
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 本稿では,対面対話という相互作用により二者間に生じる対人間の感情のうち,共感と反感が外部観察者からどのように解釈されるかの過程を探究するとともに,その過程に基づき外部観察者の共感/反感の解釈を推定するための数理モデルを提案する.本研究は二つの大きな貢献を有する.まず,対話者の非言語行動のうちの表情に注目し,観察者による共感/反感の解釈が,送り手の表情と受け手の表情の一致/不一致に加え,それらの表出の時間差にも影響を受けることを明らかにする.例えば,二者の表情が一致する場合,送り手の表情表出に対する受け手の反応が迅速であれば共感と解釈されやすいが,やや遅れると反感と解釈されやすくなる傾向が見られる.次いで,この傾向に基づき外部観察者に解釈される共感/反感を推定するため,外部観察者の解釈と対話者の行動とを関連付ける確率モデルを提案する.計74分間の日本人女性による4人対話の映像に対し,5~9名の日本人女性の外部観察者が付与した共感/反感の解釈のコーパスを構築した.そのコーパスを用いた実験の結果,二者間の行動の一致性と時間差の情報が特に反感の解釈の推定に有効であることが確認された. 
(英) This paper analyzes how empathy and antipathy, aroused between people while interacting in face-to-face conversation, are perceived by external observers. The present study aims to investigate the process of their perception and to develop a computational model that realizes the automatic estimation of perceived empathy/antipathy based on the process. The present study first finds that an observer's perception of an interacting pair is affected both by the time lags found their actions and reactions in facial expression and by whether their expressions are congruent or not; e.g. a rapid congruent reaction is likely to produce perceived empathy, while delayed reaction is likely to produce perceived antipathy. Based on the findings, we propose a Bayesian network that relates the perceived empathy/antipathy of external observers to the actions and reactions of conversation participants in facial expression, gaze and head gesture. An experiment is conducted on nine external observers for conversations over 70 min. The results demonstrate that dynamic cues are helpful in improving the estimation performance of empathy perception, especially for antipathy, compared to the use of only static cues, i.e. how behaviors co-occur between a pair at that moment.
キーワード (和) 共感 / 反感 / 模倣 / 同調 / 反応時間 / 表情 / 視線 / ジェスチャ  
(英) empathy / antipathy / mimicry / coordination / response time / facial expression / gaze / gesture  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2012-12-10 - 2012-12-12 
開催地(和) くまもと森都心プラザ 
開催地(英) Kumamoto-Shintoshin-plaza 
テーマ(和) HCGシンポジウム2012 ~ 新たな流れを作り出すパワーを ~ 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2012-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 二者間の行動の一致性と時間差に基づく外部観察者の共感解釈の分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Understanding Empathy/Antipathy Perceived by External Observers based on Behavioral Coordination and Response Time 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 共感 / empathy  
キーワード(2)(和/英) 反感 / antipathy  
キーワード(3)(和/英) 模倣 / mimicry  
キーワード(4)(和/英) 同調 / coordination  
キーワード(5)(和/英) 反応時間 / response time  
キーワード(6)(和/英) 表情 / facial expression  
キーワード(7)(和/英) 視線 / gaze  
キーワード(8)(和/英) ジェスチャ / gesture  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊野 史朗 / Shiro Kumano / クマノ シロウ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 和弘 / Kazuhiro Otsuka / オオツカ カズヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 昌史 / Masafumi Matsuda / マツダ マサフミ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大和 淳司 / Junji Yamato / ヤマト ジュンジ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-11 11:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会