お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-11 06:55
人物が存在し得る部分空間の多重スリット表現による可視化
中野一成亀田能成大田友一筑波大
抄録 (和) ある空間中に設置された1台の環境カメラで人物や動物体を観測したときに,その対象が存在しえた部分空間を可視化する手法を提案する.環境カメラが透視投影に従う場合,この部分空間は錐体を成しており,この錐体を対象錐と呼ぶ.対象錐は対象の本来の形状からかけ離れているため,ユーザはその形状を単にCGとして示されても,その存在範囲を視覚的に確認することが困難である.そこで本研究では,対象錐の中に複数の垂直断面を並べることで対象錐をわかりやすく可視化することを提案する.この可視化手法を多重スリット表現と呼ぶ.本稿では,具体的な可視化手法について述べ,その効果について議論する. 
(英) We propose a method to visualize a subspace in which a person or an object could exist. The subspace is defined by perspective projection property of an environmental camera. The shape of the subspace forms a cone and it is called object cone. Because the object cone is far from the original shape of the object, it is difficult to recognize its shape and range in a scene. We propose to place multiple vertical cross sections in the object cone. This visualization method is named multiple slits. This paper defines the formulation of the multiple slits, and we discuss expected effect on people perception of the object cone.
キーワード (和) 可視化 / 透視投影カメラ / 錐制約 / ビルボード / 仮想現実 / / /  
(英) visualization / perspective projection camera / projective cone / billboard / virtual reality / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2012-12-10 - 2012-12-12 
開催地(和) くまもと森都心プラザ 
開催地(英) Kumamoto-Shintoshin-plaza 
テーマ(和) HCGシンポジウム2012 ~ 新たな流れを作り出すパワーを ~ 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2012-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 人物が存在し得る部分空間の多重スリット表現による可視化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Subspace Visualization of Human Existence by Multiple Slits 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可視化 / visualization  
キーワード(2)(和/英) 透視投影カメラ / perspective projection camera  
キーワード(3)(和/英) 錐制約 / projective cone  
キーワード(4)(和/英) ビルボード / billboard  
キーワード(5)(和/英) 仮想現実 / virtual reality  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 一成 / Kazuaki Nakano / ナカノ カズアキ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 能成 / Yoshinari Kameda / カメダ ヨシナリ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大田 友一 / Yuichi Ohta / オオタ ユウイチ
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-11 06:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会