電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-11 08:10
認知症の人の行動・心理症状を理解するための経験拡張行動シミュレータの実現に向けて
藤田真浩長尾貴正静岡大)・上野秀樹静岡大/海上寮)・玉井 顯敦賀温泉病院)・石川翔吾竹林洋一静岡大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 本報告では認知症の人の行動・心理症状(BPSD)を理解するための経験拡張行動シミュレータの構想と開発の現状について述べる.認知症の人は知的能力の低下のためにいろいろな出来事に反応して,徘徊や妄想といった行動・心理症状が一人ひとり異なってみられる.行動・心理症状を表現する知識データ構造を設計してシミュレートを行い,介護者のための知識コンテンツへと応用する.その第一歩として,一つの事例における心身の状況と対応方法を整理し,コンテンツを試作することでその有用性を確認した. 
(英) We propose an augmented experiences behavior simulator for understanding Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia (BPSD). Dementia is a decline in cognitive function. The symptoms such as wandering and delusion appear depending on demented person’s personality and situation. Designing the knowledge structure for representing BPSD behavior, we have developed the trial multimodal knowledge content for caregivers and demented people, and have shown the effectiveness of the BPSD simulator.
キーワード (和) 認知症 / 行動・心理症状 / 知識データ構造 / 行動シミュレータ / / / /  
(英) Dementia / BPSD / Knowledge data structure / Behavior simulator / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2012-12-10 - 2012-12-12 
開催地(和) くまもと森都心プラザ 
開催地(英) Kumamoto-Shintoshin-plaza 
テーマ(和) HCGシンポジウム2012 ~ 新たな流れを作り出すパワーを ~ 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2012-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 認知症の人の行動・心理症状を理解するための経験拡張行動シミュレータの実現に向けて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Toward an augmented experiences behavior simulator for understanding behavioral and psychological symptoms of dementia 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 認知症 / Dementia  
キーワード(2)(和/英) 行動・心理症状 / BPSD  
キーワード(3)(和/英) 知識データ構造 / Knowledge data structure  
キーワード(4)(和/英) 行動シミュレータ / Behavior simulator  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 真浩 / Masahiro Fujita / フジタ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長尾 貴正 / Takamasa Nagao / ナガオ タカマサ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上野 秀樹 / Hideki Ueno / ウエノ ヒデキ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学/海上寮療養所 (略称: 静岡大/海上寮)
Shizuoka University/Kaijoryo Sanatorium (略称: Shizuoka Univ./Kaijoryo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉井 顯 / Akira Tamai / タマイ アキラ
第4著者 所属(和/英) 敦賀温泉病院 (略称: 敦賀温泉病院)
Tsuruga Onsen Hospital (略称: Tsuruga Onsen Hospital)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 翔吾 / Shogo Ishikawa / イシカワ ショウゴ
第5著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹林 洋一 / Yoichi Takebayashi / タケバヤシ ヨウイチ
第6著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-11 08:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会