お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-10 13:25
非直角のトリックを用いた不可能立体の3次元モデル作成システム
杜 紹春松田浩一岩手県立大
抄録 (和) 本研究では,マウス操作による対話型インタフェースを基本とした不可能立体の作成システムを提案する.本システムでは,マウスのクリックおよびホイールの操作のみで不可能立体を作成できる.作成できる不可能立体は,応用範囲の広い「非直角のトリック」を用いた立体である.本システムでは,透視投影による座標計算をリアルタイムに行うことで,3次元空間上に,任意の視点から見たときに不可能立体となる3次元形状を作成できる.実験により,立体の角度変更の試行錯誤が容易であり,また,立体の数や位置を自由に変更できることが分かった.これにより,マウス操作のみで「非直角のトリック」を用いた不可能立体が作成可能なシステムであることを確認できた. 
(英) In this paper, we propose a creation system of impossible objects which is based on an interactive interface by mouse operation. In this system, users can create impossible objects just by clicking the mouse or turning the mouse wheel. Impossible objects are created using "the non-right angle trick" which is widely applied. As the calculation of the 3D shapes' vertex coordinates is based on the perspective projection in real time, it's possible for users to create 3D shapes which can be seen as impossible objects from an arbitrary viewpoint in the three-dimensional space. According to the experiment results, we have found that it's easy to change angle of the objects through trial and error, and the number and position of the objects can also be modified freely. As a result, we are able to confirm that we have developed a system with which users can create impossible objects using "the non-right angle trick" just by mouse operation.
キーワード (和) 不可能立体 / 非直角のトリック / 透視投影 / 3次元形状 / / / /  
(英) Impossible Objects / the Non-right Angle Trick / Perspective Projection / 3D Shapes / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2012-12-10 - 2012-12-12 
開催地(和) くまもと森都心プラザ 
開催地(英) Kumamoto-Shintoshin-plaza 
テーマ(和) HCGシンポジウム2012 ~ 新たな流れを作り出すパワーを ~ 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2012-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非直角のトリックを用いた不可能立体の3次元モデル作成システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A 3D Model Creation System of Impossible Objects using the Non-right Angle Trick 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 不可能立体 / Impossible Objects  
キーワード(2)(和/英) 非直角のトリック / the Non-right Angle Trick  
キーワード(3)(和/英) 透視投影 / Perspective Projection  
キーワード(4)(和/英) 3次元形状 / 3D Shapes  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杜 紹春 / Shaochun Du / ト ショウシュン
第1著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University (略称: Iwate Pref. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 浩一 / Koichi Matsuda / マツダ コウイチ
第2著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University (略称: Iwate Pref. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-10 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会