お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-10 16:20
加速度センサを用いた運動障害者のタッチパネル操作解析
岩崎 優廣冨哲也島根大
抄録 (和) 脳性麻痺児は運動障害があり,コミュニケーションエイドなどを使用する際に不随意な運動が生じ,誤操作を引き起こしてしまう.誤操作を軽減し,個人の持つ能力を最大限発揮させるために適切なシーティングが行われる必要がある.シーティングをより正確に判断するためには,全身の運動の質を定量的に評価する必要がある.本研究では,脳性麻痺児と健常者の2群に分け,それぞれ複数の身体部位に加速度センサを取り付け,タッチパネル操作時の二乗平均平方根 (RMS) の解析を行い比較した.そして,RMSによって脳性麻痺児の運動機能を可視化し,療法士,保護者,特別支援学校教諭に報告した.その結果,RMSは実態を反映しており,シーティングを行う際の根拠となり得ることが分かった. 
(英) The children with cerebral palsy exhibit involuntary movement.
When they use a communication aid, they often produce many errors.
The proper seating can reduce the error though maximizing individual's ability to function.
The more accurate seating evaluation should be based on the quantitative assessment of the whole body.
In this research, accelerometers were attached to several body sites of children with cerebral palsy and healthy subjects while undertaking touch panel operation.
We analysed root mean square values (RMS) of each operation between the groups.
We developed visualisation of the level of involuntary movements.
Subjects, their parents and therapists suggested that our visualisation can be an evidence for seating assessments.
キーワード (和) タッチパネル操作 / 加速度センサ / 運動障害 / 不随意運動 / シーティング / 脳性麻痺 / /  
(英) Touch panel operation / Acclerometer / Motor disabilities / Invoruntary movement / Seating / Cerebral palsy / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2012-12-10 - 2012-12-12 
開催地(和) くまもと森都心プラザ 
開催地(英) Kumamoto-Shintoshin-plaza 
テーマ(和) HCGシンポジウム2012 ~ 新たな流れを作り出すパワーを ~ 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2012-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 加速度センサを用いた運動障害者のタッチパネル操作解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Touch Panel Operation Due to Motor Disabilities by Using Accelerometers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) タッチパネル操作 / Touch panel operation  
キーワード(2)(和/英) 加速度センサ / Acclerometer  
キーワード(3)(和/英) 運動障害 / Motor disabilities  
キーワード(4)(和/英) 不随意運動 / Invoruntary movement  
キーワード(5)(和/英) シーティング / Seating  
キーワード(6)(和/英) 脳性麻痺 / Cerebral palsy  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩崎 優 / Yu Iwasaki / イワサキ ユウ
第1著者 所属(和/英) 島根大学 (略称: 島根大)
Shimane University (略称: Shimane Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣冨 哲也 / Tetsuya Hirotomi / ヒロトミ テツヤ
第2著者 所属(和/英) 島根大学 (略称: 島根大)
Shimane University (略称: Shimane Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-10 16:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会