電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-07 13:45
低価格に適したX線検出素子(Silicon Drift Detector)の提案
岡田亮太松谷一輝松浦秀治阪電通大SDM2012-126 エレソ技報アーカイブへのリンク:SDM2012-126
抄録 (和) 環境問題の高まりから有害物質に対する規制が多く設けられ,有害物質検査の短時間化を計るために,可搬できる蛍光X線検出器が望まれている.当研究室では,市販されているX線検出素子である約18本のリングを持つSDD(Silicon Drift Detector)の簡素化に着目した.Si表面の保護酸化膜中に含まれる固定電荷の影響を考慮し,酸化膜上にゲート電極を蒸着させた構造であるgated SDD(GSDD)を提案している.このGSDDは低価格化に適した構造である.今回はゲート電極の間隔に着目し,高エネルギーX線に適した構造と低エネルギーX線に適した構造を検討する. 
(英) Several regulations for hazardous substances have been enforced due to the increase of awareness of environmental issues.To reduce those measurement times, portable X-ray fluorescence instruments are required. We focus on the simplification of commercial X-ray detectors with approximate 18 rings (SDD: Silicon Drift Detector).We consider the influence of fixed positive charges in passivating oxide layers, and have proposed a gated SDD, referred to as GSDD, in which gate electrodes are deposited on the oxide layer. The GSDD can reduce the cost of X-ray detectors. In this study, by changing gaps between the gate electrodes, we design the GSDD structures feasible for high energy and low energy X-rays.
キーワード (和) Silicon Drift Detector / X線検出素子 / 低価格 / / / / /  
(英) Silicon Drift Detector / X-ray Detector / Low-Cost Detector / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 337, SDM2012-126, pp. 65-70, 2012年12月.
資料番号 SDM2012-126 
発行日 2012-11-30 (SDM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SDM2012-126 エレソ技報アーカイブへのリンク:SDM2012-126

研究会情報
研究会 SDM  
開催期間 2012-12-07 - 2012-12-07 
開催地(和) 京都大学(桂) 
開催地(英) Kyoto Univ. (Katsura) 
テーマ(和) シリコン関連材料の作製と評価 
テーマ(英) Fabrication and Characterization of Si-related Materials and Devices 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SDM 
会議コード 2012-12-SDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 低価格に適したX線検出素子(Silicon Drift Detector)の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design for inexpensive Detector (Silicon Drift Detector) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Silicon Drift Detector / Silicon Drift Detector  
キーワード(2)(和/英) X線検出素子 / X-ray Detector  
キーワード(3)(和/英) 低価格 / Low-Cost Detector  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 亮太 / Ryota Okada / オカダ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Communication Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松谷 一輝 / Kazuki Matsutani / マツタニ カズキ
第2著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Communication Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 秀治 / Hideharu Matsuura / マツウラ ヒデハル
第3著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Communication Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-07 13:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 SDM 
資料番号 IEICE-SDM2012-126 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.337 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SDM-2012-11-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会