電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-30 13:50
Progress of Synthetic Aperture Radar Development for Unmanned Aerial Vehicle
Josaphat Tetuko Sri SumantyoChiba Univ.
抄録 (和) Synthetic Aperture Radar (SAR) is well-known as a multi-purpose sensor that can be operated in all-weather and day-night time. This paper reports the progress of SAR sensor development in our laboratory for Unmanned Aerial Vehicle (UAV). This sensor is developed to retrieve the physical information of Earth surface for Earth diagnosis mission. The SAR system is considered as small, light in weight and low power consumption system. 
(英) Synthetic Aperture Radar (SAR) is well-known as a multi-purpose sensor that can be operated in all-weather and day-night time. This paper reports the progress of SAR sensor development in our laboratory for Unmanned Aerial Vehicle (UAV). This sensor is developed to retrieve the physical information of Earth surface for Earth diagnosis mission. The SAR system is considered as small, light in weight and low power consumption system.
キーワード (和) SAR / Unmanned Aerial Vehicle / / / / / /  
(英) SAR / Unmanned Aerial Vehicle / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 330, SANE2012-112, pp. 11-16, 2012年11月.
資料番号 SANE2012-112 
発行日 2012-11-23 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2012-11-30 - 2012-11-30 
開催地(和) 千葉大学けやき会館 
開催地(英) Chiba University Keyaki Kaikan 
テーマ(和) リモートセンシング及び一般 
テーマ(英) Remote sensing and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2012-11-SANE 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Progress of Synthetic Aperture Radar Development for Unmanned Aerial Vehicle 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SAR / SAR  
キーワード(2)(和/英) Unmanned Aerial Vehicle / Unmanned Aerial Vehicle  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Josaphat Tetuko Sri Sumantyo / Josaphat Tetuko Sri Sumantyo /
第1著者 所属(和/英) Chiba University (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-30 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2012-112 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.330 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2012-11-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会