お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-27 10:50
マルチチャネル信号伝送における各チャネルのインパルス雑音の非独立性を利用した受信機構成
石牟礼涼太小林健太郎岡田 啓片山正昭名大WBS2012-46
抄録 (和) MiddletonのクラスAインパルス雑音環境下でのマルチチャネル信号伝送において,各チャネルの雑音の非独立性を利用した受信機の構成を提案する.提案受信機は,チャネルの隠れ状態であるインパルス雑音生起数$m$を各チャネルの受信信号より推定し判定に利用する.数値例によりチャネル数が多い程特性改善が大きいこと,実用的には4チャネル程度で十分な特性が得られることを示す.また,隠れ状態$m$の推定分布を利用する場合,隠れ状態$m$の推定値を利用する場合の2通りの受信機構成を考え,それぞれの特性改善幅と構成の簡便さを検討する. 
(英) In multi-channel signal transmission under the Middleton's class A impulse noise environment, we propose the receiver using the dependency of impulse noises of multi-channels. The proposed receiver estimates the number of the occurrence of impulse noises from received signals, and uses it for the signal detection. Numerical examples show that the performance improvement becomes larger as many channels are used, and enough performance improvement is obtained by using more than three channels. Moreover, we compare two types of receiver construction; one uses estimated distribution of the number of the occurrence of impulse noises, the other uses an estimated value of that, and discuss their performance and simplicity of the construction.
キーワード (和) インパルス性雑音 / MiddletonのクラスA雑音モデル / インパルス雑音の非独立性 / マルチチャネル伝送 / / / /  
(英) impulsive noise / Middleton's class A noise model / dependence of impulse noises / multi-channel transmission / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 317, WBS2012-46, pp. 57-61, 2012年11月.
資料番号 WBS2012-46 
発行日 2012-11-19 (WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2012-46

研究会情報
研究会 ITS WBS  
開催期間 2012-11-26 - 2012-11-27 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto Univ. 
テーマ(和) 一般、ポスター講演 
テーマ(英) Poster Sessions, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2012-11-ITS-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチチャネル信号伝送における各チャネルのインパルス雑音の非独立性を利用した受信機構成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Multi-Channel Receiver using the Dependence of Impulse Noise on Diffierent Channels. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) インパルス性雑音 / impulsive noise  
キーワード(2)(和/英) MiddletonのクラスA雑音モデル / Middleton's class A noise model  
キーワード(3)(和/英) インパルス雑音の非独立性 / dependence of impulse noises  
キーワード(4)(和/英) マルチチャネル伝送 / multi-channel transmission  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石牟礼 涼太 / Ryota Ishimure / イシムレ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 健太郎 / Kentaro Kobayashi / コバヤシ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 啓 / Hiraku Okada / オカダ ヒラク
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 正昭 / Masaaki Katayama / カタヤマ マサアキ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-27 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2012-46 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.317 
ページ範囲 pp.57-61 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WBS-2012-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会