お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-22 10:30
ZigBeeを用いたベイズ法による行き先推定法の実験的検討
杉下卓也高瀬浩史平栗健史日本工大CS2012-75
抄録 (和) 本研究では,ZigBee端末間の受信信号強度(LQI)の値から得られた位置情報を用いたベイズ推定による,移動端末の行き先や移動経路を確率的に推定する手法を文献[7]により提案している.本論文では,提案手法の一つであるベイズ推定を用いた確率推定が実環境において適用可能であるか実験による動作確認を行った.しかし,実験の結果より,ベイズ推定に用いる位置情報の蓄積回数が少ない場合において行き先を示す確率値の変動が大きくなり,提案手法による行き先に把握が困難であることが明らかとなった.これを解決する方法としてデッドレコニング法による移動端末の搭載センサから収集したデータに基づき,移動方向を把握する方法を実際に導入可能であるか実験により検討したので報告する. 
(英) In the present study, it proposes the technique for presuming the destination and the migration pathway of the movement terminal by Bayesian inference that uses the location information obtained according to the value of reception signal strength (LQI) between ZigBee terminals stochastically by document 7. In this thesis, the probability estimation that used Bayesian inference that was one of the proposal techniques was applicable in a real environment or it confirmed the operation by the experiment. However, the change of the probability value in which the destination was shown when the accumulation frequency of the location information used for Bayesian inference was less than the result of the experiment grew, and the grasp difficulty became clear in the destination by the proposal technique. Because whether the method of understanding the direction of the movement was able to be actually introduced based on the data collected from the installing sensor of the movement terminal by the Dead Reckoning method as a method of solving this was examined by the experiment, it reports.
キーワード (和) ZigBee / センサネットワーク / 位置推定 / ベイズ推定 / デッドレコニング / / /  
(英) ZigBee / Sensor network / Position estimation / Bayesian estimation / Dead Reckoning / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 309, CS2012-75, pp. 65-69, 2012年11月.
資料番号 CS2012-75 
発行日 2012-11-14 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CS2012-75

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2012-11-21 - 2012-11-22 
開催地(和) 北湯沢温泉 湯元名水亭(北海道) 
開催地(英) Kitayuzawa Meisuitei, Hokkaido 
テーマ(和) ブロードバンドアクセス,ホームネットワーク,ネットワークサービス,通信利用アプリケーション,一般 
テーマ(英) Broadband access systems, home networks, network services, applications for communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2012-11-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ZigBeeを用いたベイズ法による行き先推定法の実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Experimental examination of Bayesian estimation method destination by using ZigBee 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ZigBee / ZigBee  
キーワード(2)(和/英) センサネットワーク / Sensor network  
キーワード(3)(和/英) 位置推定 / Position estimation  
キーワード(4)(和/英) ベイズ推定 / Bayesian estimation  
キーワード(5)(和/英) デッドレコニング / Dead Reckoning  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉下 卓也 / Takuya Sugishita / スギシタ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高瀬 浩史 / Hiroshi Takase / タカセ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平栗 健史 / Takefumi Hiraguri / ヒラグリ タケフミ
第3著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-22 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2012-75 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.309 
ページ範囲 pp.65-69 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CS-2012-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会