お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-22 11:45
FETスイッチ内蔵の散乱体を用いた空間変調方式の検討
長谷川光平石川 亮斉藤 昭本城和彦電通大MW2012-123 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2012-123
抄録 (和) 我々はマイクロ波無線電力伝送と無線情報通信を1 つのシステム内で同時に実現するため,2 散乱体による空間変調方式を提案している.空間変調方式は無変調電力波をインピーダンス可変の2 散乱体で散乱させ,アレイファクタで記述される散乱波の干渉を変調することにより変調波を得る情報伝送方式である.バラクタ内蔵の2 散乱体モジュールによる空間変調が実現可能であることを確認し,変調波受信電圧より求めたAM 変調率は60%であった.このとき,変調波の歪みがやや大きいことも確認できたため,変調波の振幅が2 値などのディジタル形式に変化する方法が有効であると考えられた.本稿では,2 散乱体による空間変調の解析を示し,バラクタではなくFET スイッチを用いて容量選択を行い変調する方法を提案している.FET スイッチ内蔵の2 散乱体モジュールでは,2 値以上の振幅偏移変調(ASK)に相当する空間変調で良好な実験結果を得たので報告する. 
(英) The spatially modulated communication method using dual scatterers was proposed to carry out microwave wireless power transmission and wireless information communication at the same time. The spatially modulated wave is generated by the interference between two scattered waves. The dual scatterers embedded with varactors has generated spatially modulated wave with the 60% amplitude modulation factor. Then the modulated wave was distorted because of the non-linearity of the scatterer impedance. So, digitally modulated amplitude is valid. In this paper, analysis in case of the spatial modulation is shown, and a variant modulation method in proposed using discrete capacitance which are selected by FET switches embedded in a scatterer. The dual scatterers module embedded with switches exhibited good results for the spatial modulation as the Amplitude Shift Keying(ASK).
キーワード (和) 空間変調方式 / 2 散乱体 / バラクタ / スイッチ / ASK / / /  
(英) Spatial Modulation method / dual scatterer / varactor / switch / ASK / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 312, MW2012-123, pp. 57-62, 2012年11月.
資料番号 MW2012-123 
発行日 2012-11-14 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2012-123 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2012-123

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2012-11-21 - 2012-11-22 
開催地(和) 石垣島 
開催地(英)  
テーマ(和) マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2012-11-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FETスイッチ内蔵の散乱体を用いた空間変調方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Spatial Modulation Method Using Scatterers Embedded with FET-Switches 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 空間変調方式 / Spatial Modulation method  
キーワード(2)(和/英) 2 散乱体 / dual scatterer  
キーワード(3)(和/英) バラクタ / varactor  
キーワード(4)(和/英) スイッチ / switch  
キーワード(5)(和/英) ASK / ASK  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 光平 / Kohei Hasegawa / ハセガワ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 亮 / Ryo Ishikawa / イシカワ リョウ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 斉藤 昭 / Akira Saitou / サイトウ アキラ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 本城 和彦 / Kazuhiko Honjo / ホンジョウ カズヒコ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-22 11:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2012-123 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.312 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2012-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会