お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-22 10:45
誘電体基板測定用平衡形円板共振器法の測定可能範囲に関する検討
小林禧夫サムテックMW2012-121 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2012-121
抄録 (和) 同軸励振平衡形円板共振器法は、マルチ共振モードを用いることにより誘電体基板の垂直方向の複素誘電率の周波数依存性を測定できるため、最近よく利用されている。本報告では、周波数、試料厚さ、比誘電率、誘電正接に関してそれらの測定可能範囲について検討する。その結果、本測定法は、3~110GHzの周波数範囲、0.05~2mmの試料厚範囲、1.1~10の比誘電率範囲、0.0001~0.2の誘電正接範囲に対して測定可能な結論を得た。 
(英) Balanced-type circular disk resonator method, excited by coaxial lines, is commonly used to measure the frequency dependence of the complex relative permittivity of dielectric substrates. In this paper, the measurement permissible ranges are discussed for frequency range, substrate thickness, relative permittivity, loss tangent, which result in the frequency range of 3~110GHz, substrate thickness of 0.05~2mm, relative permittivity of 1.1~10, and loss tangent of 0.0001~0.02.
キーワード (和) 複素誘電率 / 誘電体基板 / 周波数依存性測定 / マイクロ波 / ミリ波 / / /  
(英) Complex permittivity / Dielectric substrate / Frequency dependent measurement / Microwave / Millimeter-wave / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 312, MW2012-121, pp. 47-50, 2012年11月.
資料番号 MW2012-121 
発行日 2012-11-14 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2012-121 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2012-121

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2012-11-21 - 2012-11-22 
開催地(和) 石垣島 
開催地(英)  
テーマ(和) マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2012-11-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 誘電体基板測定用平衡形円板共振器法の測定可能範囲に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Discussions on Measurement Ranges in Balanced-Type Circular Disk Resonator Method to Measure Dielectric Substrates 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 複素誘電率 / Complex permittivity  
キーワード(2)(和/英) 誘電体基板 / Dielectric substrate  
キーワード(3)(和/英) 周波数依存性測定 / Frequency dependent measurement  
キーワード(4)(和/英) マイクロ波 / Microwave  
キーワード(5)(和/英) ミリ波 / Millimeter-wave  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 禧夫 / Yoshio Kobayashi / コバヤシ ヨシオ
第1著者 所属(和/英) サムテック有限会社 (略称: サムテック)
SUMTEC, Inc. (略称: SUMTEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-22 10:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2012-121 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.312 
ページ範囲 pp.47-50 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MW-2012-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会