お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-22 14:30
同相クロックで動作するPH-DACを用いたディジタル信号源の位相差調整型不要波抑圧手法
橘川雄亮田島賢一川上憲司三菱電機MW2012-126 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2012-126
抄録 (和) 本報告では,同相クロックで動作するPhase Holding型DA変換器(PH-DAC)を用いたディジタル信号源(DDS)の不要波抑圧手法について述べる.提案手法では,同相クロックで動作する2つのPH-DACを用いたDDS(PH-DDS)の出力信号を90度合成回路で加算し,不要波を逆相合成により抑圧する.市販のPH-DACを用いて,提案回路を評価した結果,2.5GHz帯において,クロックの折り返しによる不要波のレベル(DU比)は-41.4~-33.7dBcであり,本方式の適用前と比較して28dB以上の抑圧効果が得られ,提案手法の有効性を確認した. 
(英) This paper present a novel spur suppression technique for a direct digital synthesizer (DDS) using a phase holding digital-to-analog converter(PH-DAC). The proposal technique adds two signals generated DDS using PH-DAC (PH-DDS) with in-phase clock by 90deg hybrid coupler, and suppresses spurs by phase cancellation method. Evaluated spur levels of the proposed PH-DDS at 2.5GHz-band are from -41.4 to -33.7 dBc, and are improved by 28dB or more.
キーワード (和) 位相ホールディング / ディジタルアナログ変換器 / 直接ディジタルシンセサイザ / / / / /  
(英) Phase holding / Digital analog converter / Direct digital synthesizer / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 312, MW2012-126, pp. 75-79, 2012年11月.
資料番号 MW2012-126 
発行日 2012-11-14 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2012-126 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2012-126

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2012-11-21 - 2012-11-22 
開催地(和) 石垣島 
開催地(英)  
テーマ(和) マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2012-11-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 同相クロックで動作するPH-DACを用いたディジタル信号源の位相差調整型不要波抑圧手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Spur Suppression Technique of a Digital Frequency Synthesizer Using two PH-DAC with in-phase clock 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 位相ホールディング / Phase holding  
キーワード(2)(和/英) ディジタルアナログ変換器 / Digital analog converter  
キーワード(3)(和/英) 直接ディジタルシンセサイザ / Direct digital synthesizer  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橘川 雄亮 / Yusuke Kitsukawa / キツカワ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishielectric Corporation (略称: Mitsubishielectric Co.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田島 賢一 / Kenichi Tajima / タジマ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishielectric Corporation (略称: Mitsubishielectric Co.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川上 憲司 / Kenji Kawakami / カワカミ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishielectric Corporation (略称: Mitsubishielectric Co.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-22 14:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2012-126 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.312 
ページ範囲 pp.75-79 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MW-2012-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会