電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-22 11:10
グレースケール多重化二次元コードとその応用
古本啓祐渡辺優平森井昌克神戸大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) デコーダを標準搭載した携帯電話の普及に伴い,近年QRコードに代表される二次元コードは広く利用されている.しかし,QRコードの格納データ容量は最大でも3KB程度であり,格納データ容量が増加するに従い認識精度が低下するといった問題がある.情報密度の向上を目的として,二次元コードを構成しているモジュールを従来の明暗の2階調ではなく,カラー化して多階調にする研究が行われている.本稿では従来のQRコードを多重化しそれぞれのモジュールをグレースケールにおける多階調で表現することで,情報密度の向上を図る.さらに,従来のQRコードデコーダによる読み取りを可能とするとともに,合わせて新たに情報を埋め込むことが可能な方式を提案する. 
(英) With the widespread use of mobile phones equipped with a decoder, two-dimensional code represented by QR code is widely used in recent years.But there are some problems in the current QR code, for example, the amount of data that can be stored at a maximum is about 3KB and recognition accuracy decreases with an increase in the volume of data that is stored.There are studies which increase the information density of the two-dimensional code by states of the two-dimensional code increase.In this paper, we aim to expand the capacity of the data by using gray scale colorizing QR code.In addition, we also propose gray scale colorizing QR code that the conventional decoder can read the information that is stored and it is possible to embed the new information.
キーワード (和) 2次元コード / QRコード / グレースケール / 多重化 / / / /  
(英) two dimensional code / QR code / Gray scale / multiplexing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 315, ICSS2012-46, pp. 7-12, 2012年11月.
資料番号 ICSS2012-46 
発行日 2012-11-15 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICSS  
開催期間 2012-11-22 - 2012-11-22 
開催地(和) 国民宿舎みやじま杜の宿(広島県廿日市市宮島町) 
開催地(英) Miyajima Mori-no-Yado 
テーマ(和) 通信セキュリティ、一般 
テーマ(英) Communication Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2012-11-ICSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) グレースケール多重化二次元コードとその応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Gray scale two-dimensional code and its applications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 2次元コード / two dimensional code  
キーワード(2)(和/英) QRコード / QR code  
キーワード(3)(和/英) グレースケール / Gray scale  
キーワード(4)(和/英) 多重化 / multiplexing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古本 啓祐 / Keisuke Furumoto / フルモト ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 優平 / Yuhei Watanabe / ワタナベ ユウヘイ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森井 昌克 / Masakatu Morii / モリイ マサカツ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-22 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2012-46 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.315 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICSS-2012-11-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会