お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-21 13:30
MHz帯高調波アクティブ・ロードプルシステムを用いたGHz帯高調波処理高効率電力増幅器の設計手法
石川 亮高山洋一郎本城和彦電通大MW2012-114 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2012-114
抄録 (和) 無線通信,無線電力伝送用の高効率マイクロ波電力増幅器として,F級,逆F級,E級,等々の種々の形式が提案されている.これらはいずれもトランジスタでの瞬時電流・電圧波形を,一方が有限の値の時にもう一方が最小化される様に波形調整してトランジスタでの消費電力を極小化している.両波形の振幅・位相状態は,基本波および高調波に対する負荷インピーダンスのみでは決まらずトランジスタ特性が関与するため,トランジスタ毎の最適負荷が存在する.そこで,トランジスタの寄生成分が無視でき,簡便に評価可能なMHz 帯において,今回提案する高調波アクティブ・ロードプルシステムを用いてトランジスタ真性部の最適負荷条件を実験的に求め,さらに寄生成分を測定等により求め,それらを基にして動作周波数であるGHz 帯での高効率負荷条件を導出する手法について報告する. 
(英) For advanced wireless communication systems and wireless power transmission applications, many types of ampli ers have been reported, such as class-F, class-E, class-J, etc. All methods to improve efficiency result in shaping voltage and current waveforms in a transistor. The amplitudes and phases of harmonic components for both waveforms cannot be determined with harmonic impedance alone, since they depend on the speci c properties of the transistor. Thus, optimum load impedance exists for each transistor. Then, the optimum load impedance for a transistor without reactive parasitics is estimated in the MHz-band by using a simple active load-pull system. And, the optimum impedance outside the transistor in the GHz-band is estimated by considering the reactive parasitics. The procedure of this method is reported.
キーワード (和) マイクロ波 / 電力増幅器 / 高効率 / 高調波処理 / アクティブロードプル / / /  
(英) Microwave / Power amplifier / High efficiency / Harmonics tuning / Active load-pull / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 312, MW2012-114, pp. 1-6, 2012年11月.
資料番号 MW2012-114 
発行日 2012-11-14 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2012-114 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2012-114

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2012-11-21 - 2012-11-22 
開催地(和) 石垣島 
開催地(英)  
テーマ(和) マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2012-11-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MHz帯高調波アクティブ・ロードプルシステムを用いたGHz帯高調波処理高効率電力増幅器の設計手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design Method for GHz-Band Harmonics Treatment High Efficiency Power Amplifiers Using MHz-Band Active Harmonics Load-Pull System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロ波 / Microwave  
キーワード(2)(和/英) 電力増幅器 / Power amplifier  
キーワード(3)(和/英) 高効率 / High efficiency  
キーワード(4)(和/英) 高調波処理 / Harmonics tuning  
キーワード(5)(和/英) アクティブロードプル / Active load-pull  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 亮 / Ryo Ishikawa / イシカワ リョウ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高山 洋一郎 / Yoichiro Takayama / タカヤマ ヨウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 本城 和彦 / Kazuhiko Honjo / ホンジョウ カズヒコ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-21 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2012-114 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.312 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2012-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会