お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-19 15:30
アモルファスセレンとダイヤモンド冷陰極を用いた光検出器の評価
増澤智昭国吉真吾大西正徳斎藤市太郎国際基督教大)・Angel T. T. KohDaniel H. C. ChuaNUS)・山田貴壽産総研)・下澤達雄東大)・岡野 健国際基督教大ED2012-57 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2012-57
抄録 (和) アモルファスセレン(a-Se)を用いた光検出器は,高い位置分解能と応答速度を兼ね備え,さらにキャリア増倍による高感度化が可能であるという利点を有する.近年開発されている,HARPと平面電子源(Field Emitter Array: FEA)を組み合わせたデバイスは,熱陰極を用いたHARP撮像管に比べ,大幅な小型化を実現しているが,放出電子線の収束や高光量時の信号飽和によるダイナミックレンジの制限などに課題が残されている.本研究では,信号読み出しにダイヤモンド冷陰極を用いることで既存光検出器の課題解決を目指し,窒素添加ダイヤモンド冷陰極とa-Se薄膜を組み合わせた光検出器を試作した.可視光及び紫外光照射下での電流―電圧特性から,これらの光の検出を確認した.また,ダイヤモンドのバルク抵抗によるとみられる電流飽和が観察された. 
(英) Amorphous-selenium (a-Se) based photodetectors are promising candidate for high sensitivity photo imaging devices, due to their high spatial resolution and response speed, as well as extremely high sensitivity enhanced by an internal carrier multiplication. HARP (high-gain avalanche rushing photoconductor) is the first a-Se based photodetector, which exploited the carrier multiplication and achieved effective quantum efficiency of greater than 10 with real-time imaging capability. Although recent FEA (Field Emitter Array)-HARP achieved significant reduction of device size and power consumption, these devices are still being developed due to remaining problems. Such problems include resolution loss caused by dispersion of emitted electrons, as well as narrower dynamic range because of limited emission current. In this study we attempt to solve the current issues in high-sensitivity a-Se based photodetector, by using diamond cold cathode. A prototype photodetector has been developed using nitrogen-doped diamond as cold cathode, and characterized by visible/UV light illumination.
キーワード (和) アモルファスセレン / ダイヤモンド / 冷陰極 / 光検出器 / / / /  
(英) Amorphous selenium / Diamond / Cold Cathode / Photodetector / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 303, ED2012-57, pp. 15-17, 2012年11月.
資料番号 ED2012-57 
発行日 2012-11-12 (ED) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ED2012-57 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2012-57

研究会情報
研究会 ED  
開催期間 2012-11-19 - 2012-11-20 
開催地(和) 阪大中之島センター 
開催地(英) Osaka Univ. Nakanoshima Center 
テーマ(和) 電子管と真空ナノエレクトロニクス及びその評価技術 
テーマ(英) Electron tubes, vacuum nanoelectronics, and their related technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2012-11-ED 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アモルファスセレンとダイヤモンド冷陰極を用いた光検出器の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Amorphous-selenium based Photodetector Driven by Diamond Cold Cathode 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アモルファスセレン / Amorphous selenium  
キーワード(2)(和/英) ダイヤモンド / Diamond  
キーワード(3)(和/英) 冷陰極 / Cold Cathode  
キーワード(4)(和/英) 光検出器 / Photodetector  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 増澤 智昭 / Tomoaki Masuzawa / マスザワ トモアキ
第1著者 所属(和/英) 国際基督教大学 (略称: 国際基督教大)
International Christian University (略称: Int'l Christian Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 国吉 真吾 / Shingo Kuniyoshi / クニヨシ シンゴ
第2著者 所属(和/英) 国際基督教大学 (略称: 国際基督教大)
International Christian University (略称: Int'l Christian Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 正徳 / Masanori Onishi / オオニシ マサノリ
第3著者 所属(和/英) 国際基督教大学 (略称: 国際基督教大)
International Christian University (略称: Int'l Christian Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 市太郎 / Ichitaro Saito / サイトウ イチタロウ
第4著者 所属(和/英) 国際基督教大学 (略称: 国際基督教大)
International Christian University (略称: Int'l Christian Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Angel T. T. Koh / Angel T. T. Koh / エンジェル コウ
第5著者 所属(和/英) National University of Singapore (略称: NUS)
National University of Singapore (略称: NUS)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) Daniel H. C. Chua / Daniel H. C. Chua / ダニエル チュア
第6著者 所属(和/英) National University of Singapore (略称: NUS)
National University of Singapore (略称: NUS)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 貴壽 / Takatoshi Yamada / ヤマダ タカトシ
第7著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 下澤 達雄 / Tatsuo Shimosawa / シモサワ タツオ
第8著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. Tokyo)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡野 健 / Ken Okano / オカノ ケン
第9著者 所属(和/英) 国際基督教大学 (略称: 国際基督教大)
International Christian University (略称: Int'l Christian Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-19 15:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ED 
資料番号 IEICE-ED2012-57 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.303 
ページ範囲 pp.15-17 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-ED-2012-11-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会