お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-17 13:35
スペクトル拡散型電子透かしのIHCに基づく評価の報告
山本隆博川村正樹山口大EA2012-104 EMM2012-86
抄録 (和) FIT2012で行われた電子透かしコンテストにおいて,高画質賞を受賞した我々の
電子透かし法について,その手法と評価結果を報告する.
本手法では,メッセージ情報をスペクトル拡散して透かし情報を作成する.
JPEG圧縮に耐性を持たせるためDCT係数へ透かし情報の埋め込みを行う.
また,透かし情報の埋め込みにはQIMを用いる.
高画質なステゴ画像にするためには,拡散符号長を小さくすることにより埋め込み量を少なくし,
QIMで用いるパラメータを最適化する必要がある.
本研究では,これらのパラメータを決定する手順を提案する.
本手順により評価した結果,圧縮率1/20でJPEG圧縮後でも,
ビット誤り率0を達成し,高画質なステゴ画像を得ることができた. 
(英) We introduce our spread spectrum watermarking method and report evaluation results,
which won IHC award in the watermarking contest at FIT 2012.
In our method, wartermarks are generated from messages by using spread codes.
The wartermarks are embedded into DCT coefficients in order to endure
JPEG compression.
We also use Quantization index modulation (QIM) to embed the watermarks.
In order to get high quality stego image,
amount of the watermarks should be smaller.
We therefore choose shorter spread codes sequence.
Moreover, the parameter used in QIM is need to be optimized.
In this report, we propose the procedure how to choose these parameters.
As a result, by using our procedure, we can obtain high quality stego image
that achieves bit error rate equals to zero, when
JPEG compression rate equals to 1/20.
キーワード (和) 電子透かし / スペクトル拡散 / DCT係数 / Quantization index modulation / / / /  
(英) digital watermarking / spread spectrum / DCT coefficient / Quantization index modulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 293, EMM2012-86, pp. 135-140, 2012年11月.
資料番号 EMM2012-86 
発行日 2012-11-09 (EA, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2012-104 EMM2012-86

研究会情報
研究会 EA EMM  
開催期間 2012-11-16 - 2012-11-17 
開催地(和) 大分大学 
開催地(英) OITA Univ. 
テーマ(和) 異種メディア融合,コンテンツ処理,メディア検索,電子透かし,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2012-11-EA-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スペクトル拡散型電子透かしのIHCに基づく評価の報告 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation report based on IHC for spread spectrum digital watermarking 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電子透かし / digital watermarking  
キーワード(2)(和/英) スペクトル拡散 / spread spectrum  
キーワード(3)(和/英) DCT係数 / DCT coefficient  
キーワード(4)(和/英) Quantization index modulation / Quantization index modulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 隆博 / Takahiro Yamamoto / ヤマモト タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 正樹 / Masaki Kawamura /
第2著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-17 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EA2012-104,IEICE-EMM2012-86 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.292(EA), no.293(EMM) 
ページ範囲 pp.135-140 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2012-11-09,IEICE-EMM-2012-11-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会