お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-17 14:10
Kirchhoff-Helmholtz積分方程式の逆問題と順伝搬に基づく音場推定
岡本拓磨榎本成悟西村竜一NICTEA2012-105 EMM2012-87
抄録 (和) マイクロホンアレイから離れた位置の音場を推定する方法を提案する.音源を囲まない任意の領域内の音圧はKirchhoff-Helmholtz積分方程式から境界上の音圧と粒子速度により一意に決定される.提案法では,マイクロホンアレイを囲む仮想領域を設定し,マイクロホンアレイでの観測信号を境界内部の音圧とし,Kirchhoff-Helmholtz積分方程式の逆問題を解くことにより,仮想領域境界の音圧と粒子速度を推定する.推定した音圧と粒子速度を順伝搬させることにより領域内部の音場を推定する.計算機シミュレーションにより提案法の有効性を示す. 
(英) We propose a novel sound field estimation method based on inversion of Kirchhoff-Helmholtz integral equation and forward wave propagation. A sound pressure in a boundary field in which there is no sound source can be defined from sound pressures and particle velocities at the field boundary based on Kirchhoff-Helmholtz integral equation. In our proposed method, sound pressures and particle velocities at the field boundary are first estimated from sound pressures recorded whth a microphone array using inversion of Kirchhoff-Helmholtz integral equation.
And then, sound pressure at any point in the field can be obtained by calculating forward wave propagation of the estimated sound pressures and particle velocities at the boundary. Results of computer simulations show that our proposed method is effective.
キーワード (和) マイクロホンアレイ / Kirchhoff-Helmholtz積分方程式 / 音場推定 / 逆問題 / 順伝搬 / / /  
(英) Microphone array / Kirchhoff-Helmholtz integral equation / Sound field estimation / Inverse problem / Forward wave propagation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 292, EA2012-105, pp. 141-146, 2012年11月.
資料番号 EA2012-105 
発行日 2012-11-09 (EA, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2012-105 EMM2012-87

研究会情報
研究会 EA EMM  
開催期間 2012-11-16 - 2012-11-17 
開催地(和) 大分大学 
開催地(英) OITA Univ. 
テーマ(和) 異種メディア融合,コンテンツ処理,メディア検索,電子透かし,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2012-11-EA-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Kirchhoff-Helmholtz積分方程式の逆問題と順伝搬に基づく音場推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimation of sound field based on inversion of Kirchhoff-Helmholtz integral equation and forward wave propagation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロホンアレイ / Microphone array  
キーワード(2)(和/英) Kirchhoff-Helmholtz積分方程式 / Kirchhoff-Helmholtz integral equation  
キーワード(3)(和/英) 音場推定 / Sound field estimation  
キーワード(4)(和/英) 逆問題 / Inverse problem  
キーワード(5)(和/英) 順伝搬 / Forward wave propagation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 拓磨 / Takuma Okamoto / オカモト タクマ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎本 成悟 / Seigo Enomoto / エノモト セイゴ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 竜一 / Ryouichi Nishimura /
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-17 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2012-105,IEICE-EMM2012-87 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.292(EA), no.293(EMM) 
ページ範囲 pp.141-146 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2012-11-09,IEICE-EMM-2012-11-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会