電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-17 11:15
Mizarによる大学数学向け高度遠隔教育用コンテンツ開発
井戸貴也岡崎裕之山崎 浩師玉康成信州大ET2012-55
抄録 (和) Mizar プロジェクトとは,形式化数学記述言語を用いて現行の数学定理とその証明を形式化記述し,計算機
で自動検証可能なシステムとライブラリ構築を行なっている国際共同プロジェクトである.本研究での目的は,Mizar
による大学数学向け高度遠隔教育用コンテンツ開発であり,今回はその現状を報告する. 
(英) Mizar project describes the formalization and proof of the current theorem using mathematical for-
malization description language, is an international joint project is being performed and library building computer
systems that can be automatically veri ed. Content development for distance education and advanced mathematics
for college by Mizar, the purpose of this study, we report the current situation.
キーワード (和) 形式的検証 / Mizar / ユークリッドの互除法 / / / / /  
(英) formal verication / Mizar / Euclidean Algorithm / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 300, ET2012-55, pp. 13-17, 2012年11月.
資料番号 ET2012-55 
発行日 2012-11-10 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2012-55

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2012-11-17 - 2012-11-17 
開催地(和) 佐賀大学(本庄キャンパス) 
開催地(英)  
テーマ(和) e-Learning運用 / 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2012-11-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Mizarによる大学数学向け高度遠隔教育用コンテンツ開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Content development for distance education for advanced university mathematics by Mizar 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 形式的検証 / formal verication  
キーワード(2)(和/英) Mizar / Mizar  
キーワード(3)(和/英) ユークリッドの互除法 / Euclidean Algorithm  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井戸 貴也 / Takaya Ido / イド タカヤ
第1著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 裕之 / Hiroyuki Okazaki / オカザキ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 浩 / Hiroshi Yamazaki / ヤマザキ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 師玉 康成 / Yasunari Shidama / シダマ ヤスナリ
第4著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-17 11:15:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2012-55 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.300 
ページ範囲 pp.13-17 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ET-2012-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会