お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-16 13:25
LTE-Advancedにおける協調ビームフォーミング型基地局間協調制御のためのフィードバック情報に関する一検討
稲越敦久榮祝剛洋山崎智春守田空悟童 方偉湯田哲也京セラRCS2012-178
抄録 (和) 3rd Generation Partnership Project (3GPP)にて仕様化が行なわれているLTE-Advancedでは,セル端ユーザのスループット改善を目的として基地局間協調制御(Coordinated Multi Point :CoMP)の検討が行なわれている.CoMPの方式の1つとして,主な干渉源となる基地局がCoMP端末に対して与える干渉の影響を小さくするよう送信プレコーダを調整する,協調ビームフォーミング型CoMP(Coordinated Beamforming CoMP :CB CoMP)が検討されており,CB CoMPに必要なCoMP端末からのChannel State Information (CSI)フィードバックとして従来Best Companion Precoding Matrix Indicator (BCI)が提案されている.しかし,干渉局でのスケジューリングにおいてCoMP端末よりフィードバックされたBCIが有効に利用できなかった場合,システムパフォーマンスが劣化してしまう.本稿では,干渉局内でのスケジューリング自由度を向上させ,システムパフォーマンスを改善することを目的に,CoMP端末よりBCIを複数フィードバックする手法を提案する.また,本提案手法を用いた際のスループット特性について理論検証及びシステムレベルシミュレーションにより性能評価を行い,本提案手法の有効性を確認した. 
(英) Coordinated Multi Point (CoMP) has been standardized as an important factor of LTE-Advanced in 3rd Generation Partnership Project (3GPP) in order to improve cell-edge throughput performance. Coordinated Beamforming CoMP (CB CoMP), where a strongly interfering cell coordinates its transmit precoder so as to minimize the interference to CoMP User Equipment (CoMP UE), has been studied as a candidate of CoMP scheme, and Best Companion Precoding Matrix Indicator (BCI) was proposed as a Channel State Information (CSI) feedback from CoMP UE for CB CoMP. However, system performance might be deteriorated if the feedbacked BCI is not effectively used at the interfering cell. In this paper, we propose multiple BCI feedback in order to improve system performance by increasing degree of freedom of scheduling at the interfering cell. We also carry out the theoretical analysis and the system level simulation to evaluate the throughput performance with the proposed feedback and the simulation results confirm the effectiveness of the proposal.
キーワード (和) LTE-Advanced / CoMP / Coordinated Beamforming / フィードバック / / / /  
(英) LTE-Advanced / CoMP / Coordinated Beamforming / Feedback / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 286, RCS2012-178, pp. 103-108, 2012年11月.
資料番号 RCS2012-178 
発行日 2012-11-08 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2012-178

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2012-11-14 - 2012-11-16 
開催地(和) 東京電機大学(東京千住キャンパス) 
開催地(英) Tokyo Denki University 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2012-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LTE-Advancedにおける協調ビームフォーミング型基地局間協調制御のためのフィードバック情報に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Feedback Information for Coordinated Beamforming Multi-Cell Coordination for LTE-Advanced System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LTE-Advanced / LTE-Advanced  
キーワード(2)(和/英) CoMP / CoMP  
キーワード(3)(和/英) Coordinated Beamforming / Coordinated Beamforming  
キーワード(4)(和/英) フィードバック / Feedback  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲越 敦久 / Atsuhisa Inakoshi / イナコシ アツヒサ
第1著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
KYOCERA Corporation (略称: KYOCERA Co.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 榮祝 剛洋 / Takahiro Saiwai / サイワイ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
KYOCERA Corporation (略称: KYOCERA Co.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 智春 / Chiharu Yamazaki / ヤマザキ チハル
第3著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
KYOCERA Corporation (略称: KYOCERA Co.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 守田 空悟 / Kugo Morita / モリタ クウゴ
第4著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
KYOCERA Corporation (略称: KYOCERA Co.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 童 方偉 / Fangwei Tong / ドウ ホウイ
第5著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
KYOCERA Corporation (略称: KYOCERA Co.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 湯田 哲也 / Tetsuya Yuda / ユダ テツヤ
第6著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
KYOCERA Corporation (略称: KYOCERA Co.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-16 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-178 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.286 
ページ範囲 pp.103-108 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2012-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会