お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-16 15:15
マルチパスリッチ環境を実現する電波反射箱 [IV] ~ 反射箱内伝搬特性の周波数依存性 ~
ファタフッディン タムリン電通大)・大島一郎電気興業)・唐沢好男電通大AP2012-113
抄録 (和) 遅延波の遅延量が1μsを超えるマルチパス環境を実現し、かつ、屋内への設置性、内部での作業性を考慮して、4m×2m×2mのサイズの電波反射箱を製作し、所有している。本稿では、周波数を800MHz~5GHzの範囲にわたって、この電波反射箱の基本伝搬特性:振幅確率分布・遅延スプレッド・空間相関特性・交差偏波特性を測定した結果を示す。また、被測定端末(DUT)を置くエリア(電波伝搬特性の統計的性質が同じとみなされるエリア:クワイエットゾーン)が、少なくとも1mx1mの範囲で確保できることを示す。 
(英) We already have a 4(m)×2(m)×2(m)-sized reverberation chamber realizing multipath-rich environment for MIMO-OTA measurement. In this paper, we report the measurement result of fundamental propagation characteristics in our reverberation chamber over frequency range of 800 MHz - 5 GHz, concerning amplitude statistics, multipath-delay statistics, spatial correlation characteristics, and cross polarization characteristics. Also, we identify the quiet zone size of 1 m2 area, which might be sufficient area able to set DUT (Device Under Test) in the chamber.
キーワード (和) MIMO / 電波反射箱 / 遅延スプレッド / 周波数依存性 / / / /  
(英) MIMO / Reverberation Chamber / Delay Spread / Frequency Dependence / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 285, AP2012-113, pp. 115-120, 2012年11月.
資料番号 AP2012-113 
発行日 2012-11-08 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2012-113

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2012-11-14 - 2012-11-16 
開催地(和) 東京電機大学(東京千住キャンパス) 
開催地(英) Tokyo Denki University 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2012-11-AP-RCS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) マルチパスリッチ環境を実現する電波反射箱 [IV] 
サブタイトル(和) 反射箱内伝搬特性の周波数依存性 
タイトル(英) A Reverberation Chamber to Realize Multipath-Rich Environment [IV] 
サブタイトル(英) Frequency Dependence of Propagation Characteristics in the Chamber 
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) 電波反射箱 / Reverberation Chamber  
キーワード(3)(和/英) 遅延スプレッド / Delay Spread  
キーワード(4)(和/英) 周波数依存性 / Frequency Dependence  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ファタフッディン タムリン / Fatahuddin Tamrin / ファタフッディン タムリン
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
Univ. Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大島 一郎 / Ichiro Oshima / オオシマ イチロウ
第2著者 所属(和/英) 電気興業株式会社 (略称: 電気興業)
Denki Kogyo Co. Ltd. (略称: Denki Kogyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 唐沢 好男 / Yoshio Karasawa / カラサワ ヨシオ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
Univ. Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-16 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2012-113 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.285 
ページ範囲 pp.115-120 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2012-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会