お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-16 10:55
Vector perturbationにおける拡大信号点空間上の信号点シンメトリ配置の提案
薗部聡司塚本悟司前田隆宏侯 亜飛矢野一人宇野雅博小林 聖ATRRCS2012-175
抄録 (和) 下りリンクMU-MIMOの非線形プリコーディング方式の一種であるvector perturbationは,線形プリコーディング方式と比較して伝搬路相関が大きい場合でもスループットの低下を抑えることができるが,受信側のmodulo演算の境界の設定誤差が大きい場合十分に性能が発揮できない.本提案方式では,これを克服するために,vector perturbationの拡大信号点空間にシンメトリ性を導入し,判定誤りが大きくなるmodulo境界近傍の両側で同じシンボルを配置するものとした.計算機シミュレーションによりBER特性の評価を行い,その効果を確認した. 
(英) This paper proposes a symmetric extended symbol mapping, which assigns signal points symmetrically about the modulo boundaries on the IQ plane of vector perturbation (VP). Although VP improves the throughput of multiuser multiple-input multiple-output (MU-MIMO) transmission over highly correlated channels, the error of modulo boundary setting of a demodulator leads significant performance degradation. The proposed method alleviates the impact of the boundary setting errors by assigning same signal points around the modulo boundaries. Simulation results confirm that the proposed method effectively improves the BER performance.
キーワード (和) マルチユーザMIMO / 非線形プリコーディング / vector perturbation / MMSE / 屋内伝搬路 / OFDM / 下りリンク伝送 /  
(英) multiuser MIMO / nonlinear precoding / vector perturbation / MMSE / indoor propagation channel / OFDM / downlink transmission /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 286, RCS2012-175, pp. 85-90, 2012年11月.
資料番号 RCS2012-175 
発行日 2012-11-08 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2012-175

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2012-11-14 - 2012-11-16 
開催地(和) 東京電機大学(東京千住キャンパス) 
開催地(英) Tokyo Denki University 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2012-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Vector perturbationにおける拡大信号点空間上の信号点シンメトリ配置の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A proposal of a symmetric extended symbol mapping for vector perturbation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチユーザMIMO / multiuser MIMO  
キーワード(2)(和/英) 非線形プリコーディング / nonlinear precoding  
キーワード(3)(和/英) vector perturbation / vector perturbation  
キーワード(4)(和/英) MMSE / MMSE  
キーワード(5)(和/英) 屋内伝搬路 / indoor propagation channel  
キーワード(6)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(7)(和/英) 下りリンク伝送 / downlink transmission  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 薗部 聡司 / Satoshi Sonobe / ソノベ サトシ
第1著者 所属(和/英) ATR (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 悟司 / Satoshi Tsukamoto / ツカモト サトシ
第2著者 所属(和/英) ATR (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 隆宏 / Takahiro Maeda / マエダ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) ATR (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 侯 亜飛 / Yafei Hou / ホウ ヤフェイ
第4著者 所属(和/英) ATR (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢野 一人 / Kazuto Yano / ヤノ カズト
第5著者 所属(和/英) ATR (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇野 雅博 / Masahiro Uno / ウノ マサヒロ
第6著者 所属(和/英) ATR (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 聖 / Kiyoshi Kobayashi / コバヤシ キヨシ
第7著者 所属(和/英) ATR (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-16 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-175 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.286 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2012-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会