お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-16 10:00
衛星搭載X/Ka帯共用カセグレンアンテナ1次放射器の試作結果
加藤優一小林岳彦東京電機大)・鹿子嶋憲一武田茂樹茨城大)・冨木淳史戸田知朗JAXAAP2012-106
抄録 (和) 科学衛星のミッションの衛星通信においてX帯とKa帯の両方を用いることでダウンリンク通信での高速データ転送を容易にすることが求められている.X/Ka帯共用の反射鏡アンテナの1次放射器には,X帯にコルゲートホーンとKa帯にディスク・オン・ロッドアンテナの組み合わせが使用されている.しかし,重量および軸方向の長さの観点から改善が求められている.そこで軽量で薄型な構造を実現するために,X帯にはLプローブで一点給電する長方形マイクロストリップアンテナを用いたシーケンシャルアレーと,Ka帯には4素子ヘリカルアレーとを組み合わせた1次放射器を提案している.本稿では,試作した1次放射器のVSWR,XPDおよび放射パターンを報告する. 
(英) Dual (X and Ka) band downlink operation is demanded scientific satellite missions, to facilitate much higher data rate and to increase the available radio channels. A combinations of a corrugated horn (for X band) and a disk-on-rod antenna (for Ka band) have used as a primary feed for a satellite-borne dual-band reflector antenna, but its volume was not satisfactorily small. The anothers proposed a combination of a sequential four-element array of rectangular microstrip antennas fed with L-shape probes for X band and a four-element array of helical antennas for Ka-band, to realize a small-volume, light-weight circular-polarized primary radiator. This paper reports the performances― VSWR, XPD , and radiation patterns of a prototype radiator.
キーワード (和) X/Ka帯 / 1次放射器 / カセグレンアンテナ / Lプローブ / ヘリカルアンテナ / アレーアンテナ / /  
(英) X/Ka-band / primary radiator / Cassegrain antennas / helical antennas / sequential array / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 285, AP2012-106, pp. 77-82, 2012年11月.
資料番号 AP2012-106 
発行日 2012-11-08 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2012-106

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2012-11-14 - 2012-11-16 
開催地(和) 東京電機大学(東京千住キャンパス) 
開催地(英) Tokyo Denki University 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2012-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 衛星搭載X/Ka帯共用カセグレンアンテナ1次放射器の試作結果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Prototype of an X/Ka-Band Primary Radiator for Satellite-Borne Cassegrain Antennas 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) X/Ka帯 / X/Ka-band  
キーワード(2)(和/英) 1次放射器 / primary radiator  
キーワード(3)(和/英) カセグレンアンテナ / Cassegrain antennas  
キーワード(4)(和/英) Lプローブ / helical antennas  
キーワード(5)(和/英) ヘリカルアンテナ / sequential array  
キーワード(6)(和/英) アレーアンテナ /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 優一 / Yuichi Kato / カトウ ユウイチ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 岳彦 / Takehiko Kobayashi / コバヤシ タケヒコ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鹿子嶋 憲一 / Kenichi Kagoshima / カゴシマ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 茂樹 / Shigeki Takeda / タケダ シゲキ
第4著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨木 淳史 / Atsushi Tomiki / トミキ アツシ
第5著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 知朗 / Tomoaki Toda / トダ トモアキ
第6著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-16 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2012-106 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.285 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2012-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会