電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-16 14:25
同時送信アクセス制御における同時送信判定方法と再送制御に関する一検討
岩渕匡史岸田 朗新宅俊之阪田 徹NTTRCS2012-180
抄録 (和) IEEE802.11規格に準拠する無線LAN端末が多数存在する環境では,Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance(CSMA/CA)の動作により各端末におけるスループットが著しく低下してしまう.筆者らは,このスループットの低下を抑制すべく,キャプチャ効果を利用した複数の送信局による同時送信方式を提案している.しかし,各送信局が同時送信の可否を適切に判定することが出来なければ,フレーム衝突が頻発し,提案方式の特性が従来方式よりも劣化してしまう.そこで本検討では,受信したフレームの受信信号強度を用いて信号対干渉比を推定し,その結果に基づいて同時送信の可否を判定する方法を提案する.また,同時送信の可否の判定において生じるSIRの推定誤差に起因するスループット特性の劣化を抑制するため,再送制御方式の提案を行う.さらに,計算機シミュレーションによって提案法の特性を評価し,従来方式の特性を維持しつつ,同時送信の効果が得られることを示す. 
(英) Total throughput degrades dramatically due to frame collisions and waiting time when there are many active transmitters using CSMA/CA. A medium access control method for simultaneous transmissions has ever been proposed by the former reports. The proposed method aims to use the capture effect to realize simultaneous transmission and higher overall throughput. However, this method degrades its performance if transmitters can not decide whether simultanous transmission is possible at receiver. This paper proposes two decision methods and evaluates thier performances. In the proposed methods, transmitters decide whether thier transmission can be done simultanously based on a received Signal-to-Interference Ratio(SIR). The received SIR is estimated from Received Signal Strength Indicators(RSSIs) obtained from received frames. However, these decision methods may cause degradation of throughput due to an error of SIR estimated by transmitter. In order to solve this problem, a retransmission control is also proposed in this paper. The performance of the proposed methods is evaluated by computer simulations. The simulation results show the proposed methods improve throughput compared with conventional CSMA/CA.
キーワード (和) 同時送信 / 再送制御 / バックオフ制御 / キャプチャ効果 / IEEE802.11 / / /  
(英) Simultaneous transmission / Capture effect / Backoff control / CSMA/CA / IEEE802.11 / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 286, RCS2012-180, pp. 115-120, 2012年11月.
資料番号 RCS2012-180 
発行日 2012-11-08 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2012-180

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2012-11-14 - 2012-11-16 
開催地(和) 東京電機大学(東京千住キャンパス) 
開催地(英) Tokyo Denki University 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2012-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 同時送信アクセス制御における同時送信判定方法と再送制御に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Mode Decision Method and Retransmission Control for Simultaneous Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 同時送信 / Simultaneous transmission  
キーワード(2)(和/英) 再送制御 / Capture effect  
キーワード(3)(和/英) バックオフ制御 / Backoff control  
キーワード(4)(和/英) キャプチャ効果 / CSMA/CA  
キーワード(5)(和/英) IEEE802.11 / IEEE802.11  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩渕 匡史 / Masashi Iwabuchi / イワブチ マサシ
第1著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸田 朗 / Akira Kishida / キシダ アキラ
第2著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 新宅 俊之 / Toshiyuki Shintaku / シンタク トシユキ
第3著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪田 徹 / Tetsu Sakata / サカタ テツ
第4著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-16 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-180 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.286 
ページ範囲 pp.115-120 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2012-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会