お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-16 09:35
Dogbone構造を用いた表面波アンテナの指向性制御
田之頭優太福迫 武熊本大AP2012-105
抄録 (和) 2×2のDogbone構造を配置した表面波アンテナは双方向の放射パターンを持つことが提案されている.無指向性だった放射パターンが変化し,主ビームはDogbone素子の最長部分に平行に向く.本研究では2×3のDogbone構造を配置した別の構造を提案し,放射パターンの変化について検討した.本アンテナはx-y平面の放射パターンにおいてFB比3.3dB,主ビームの利得が3.6dB増加した単方向(-x方向)のパターンが得られた. 
(英) A surface wave antenna with a 2-by-3 array of dogbone-pair is presented. This antenna has advantages of low-profile structure and having a directional radiation pattern. The direction of the main beam is directed parallel to the longest part of the dogbone element. Furthermore, this antenna shows a uni-directional radiation pattern in the horizontal plane and an increased antenna gain compared to that with 2-by-2 elements having a bi-directional radiation pattern.
キーワード (和) 表面波アンテナ / メタマテリアル / Dogbone構造 / 利得 / / / /  
(英) Surface wave antenna / Metamaterial / Dogbone structure / Gain / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 285, AP2012-105, pp. 73-76, 2012年11月.
資料番号 AP2012-105 
発行日 2012-11-08 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2012-105

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2012-11-14 - 2012-11-16 
開催地(和) 東京電機大学(東京千住キャンパス) 
開催地(英) Tokyo Denki University 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2012-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Dogbone構造を用いた表面波アンテナの指向性制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Directional Radiation Pattern of Surface Wave Antenna Using Dogbone Structure 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 表面波アンテナ / Surface wave antenna  
キーワード(2)(和/英) メタマテリアル / Metamaterial  
キーワード(3)(和/英) Dogbone構造 / Dogbone structure  
キーワード(4)(和/英) 利得 / Gain  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田之頭 優太 / Yuta Tanogashira / タノガシラ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福迫 武 / Takeshi Fukusako / フクサコ タケシ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-16 09:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2012-105 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.285 
ページ範囲 pp.73-76 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2012-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会