お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-16 10:30
量子化雑音影響下におけるMIMO差動符号化GMSK適応等化方式の特性評価
福永龍太牟田 修古川 浩九大RCS2012-174
抄録 (和) 著者等は, 送信電力増幅器の電力効率改善と受信アナログ回路の簡素化の観点から, 定包絡線変調と低分解能アナログ-ディジタル変換器(ADC)を用いる無線伝送方式について検討している. 無線通信では, 送信信号の包絡線が一定である場合でも, マルチパス伝搬により受信信号の包絡線に変動を生じるため, 受信機ADCの分解能が低い場合, 量子化雑音の増加により伝送特性が劣化する. 著者等は, この問題に対処するために, 符号間干渉と量子化雑音を同時に推定する最尤系列推定(修正Viterbi 等化) を提案し, 1bit 量子化ADCを用いる差動符号化MSKシステムの伝送特性を改善できることを示した. 本論文では, MIMO (Multi-InputMulti-Output) 差動符号化Gaussian filtered MSK(GMSK)システムに提案方式を拡張し, その特性を評価する.符号間干渉と量子化雑音の両者が存在する環境下におけるMIMO差動符号化GMSKシステムのBit Error Rate(BER)特性を計算機シミュレーションにより評価し, その有効性を示す. 
(英) The authors have proposed a constant envelope modulation (CEM) system with a low resolution analog–to-digital converter (ADC) on the receiver side. The proposed CEM system can use a power-efficient nonlinear poweramplifier on the transmitter side. Moreover, power consumption at the analog devices is effectively reduced by employing a low resolution ADC. However, the received signal is seriously affected by severe quantization error by a low resolution ADC. Therefore, BER performance of CEM system is degraded. To solve these problems, we have proposed a modified Viterbi Equalization (VE) that estimates both intersymbol interference and quantization noise and proved that the proposed modified VE improve bit error rate (BER) performance of differential encoded minimum shift keying (MSK) signal affected by quantization noise due to one bit resolution ADC. In this paper, we extend the modified VE to Multi-Input Multi-Output (MIMO) Differential encoded Gaussian MSK (D-GMSK) systems and evaluate BER performance in 2x2 MIMO channel. Computer simulation results show that the proposed scheme effectively improves BER performance of MIMO D-GMSK compared to case without quantization noise estimation in five-path Rayleigh fading channels.
キーワード (和) 定包絡線変調 / 差動符号化GMSK / 低分解能ADC / 量子化雑音 / 修正Viterbi等化 / / /  
(英) Constant envelope modulation / Differential encoded GMSK / Low resolution ADC / Quantization noise / Modified viterbi equalization / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 286, RCS2012-174, pp. 79-84, 2012年11月.
資料番号 RCS2012-174 
発行日 2012-11-08 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2012-174

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2012-11-14 - 2012-11-16 
開催地(和) 東京電機大学(東京千住キャンパス) 
開催地(英) Tokyo Denki University 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2012-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 量子化雑音影響下におけるMIMO差動符号化GMSK適応等化方式の特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Adaptive Equalization for MIMO Differential Encoded GMSK Signal Affected by Quantization Noise 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 定包絡線変調 / Constant envelope modulation  
キーワード(2)(和/英) 差動符号化GMSK / Differential encoded GMSK  
キーワード(3)(和/英) 低分解能ADC / Low resolution ADC  
キーワード(4)(和/英) 量子化雑音 / Quantization noise  
キーワード(5)(和/英) 修正Viterbi等化 / Modified viterbi equalization  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福永 龍太 / Ryuta Fukunaga / フクナガ リュウタ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 牟田 修 / Osamu Muta / ムタ オサム
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 浩 / Hiroshi Furukawa / フルカワ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-16 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-174 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.286 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2012-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会