お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-16 15:15
IEEE 802.11無線LANにおけるセル間公平性改善のためのマスタ・スレーブ型チャネル選択法
アベセカラ ヒランタ石原浩一井上保彦市川武男溝口匡人NTTRCS2012-182
抄録 (和) 本稿では, IEEE 802.11無線LANのセル間公平性を改善するマスタ・スレーブ型チャネル選択法を提案する. 提案法では, チャネルを選択するアクセスポイントは各チャネル上に存在する周辺セル数を考慮し, 過密な環境では周辺セルと同じチャネルを積極的に共用することで干渉の拡大を防ぐ. 提案法の効果をUDPおよびTCPトラヒックを用いた計算機シミュレーションおよび屋内実験により評価し, 提案法がセル間干渉問題に対して有効であることを明らかにする. 
(英) This paper proposes a master-slave channel selection scheme to improve fairness among cells in IEEE 802.11 wireless LANs. Each access point (AP) in our proposed scheme selects its operating channel in such a way that interference is minimized and the number of APs on each channel is balanced. Through numerous simulations and testbed experiments with UDP and TCP traffic flows, we show that the proposed scheme improves the minimum cell throughput and fairness among cells.
キーワード (和) IEEE 802.11無線LAN / 干渉 / チャネル選択 / 公平性 / / / /  
(英) IEEE 802.11 Wireless LAN / Interference / Channel Selection / Fairness / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 286, RCS2012-182, pp. 127-132, 2012年11月.
資料番号 RCS2012-182 
発行日 2012-11-08 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2012-182

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2012-11-14 - 2012-11-16 
開催地(和) 東京電機大学(東京千住キャンパス) 
開催地(英) Tokyo Denki University 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2012-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IEEE 802.11無線LANにおけるセル間公平性改善のためのマスタ・スレーブ型チャネル選択法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Master-Slave Channel Selection Scheme to Improve Fairness among Cells in IEEE 802.11 Wireless LANs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IEEE 802.11無線LAN / IEEE 802.11 Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) 干渉 / Interference  
キーワード(3)(和/英) チャネル選択 / Channel Selection  
キーワード(4)(和/英) 公平性 / Fairness  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) アベセカラ ヒランタ / B. A. Hirantha Sithira Abeysekera / ヒランタ シティラ アベーセーカラ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 浩一 / Koichi Ishihara / イシハラ コウイチ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 保彦 / Yasuhiko Inoue / イノウエ ヤスヒコ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 市川 武男 / Takeo Ichikawa / イチカワ タケオ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 溝口 匡人 / Masato Mizoguchi / ミゾグチ マサト
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-16 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-182 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.286 
ページ範囲 pp.127-132 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2012-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会