電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-16 16:10
トラヒックの時間変動を考慮した動的トラヒックエンジニアリングのためのトラヒック予測
大歳達也大下裕一村田正幸阪大)・高橋洋介石橋圭介塩本公平NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 時間変動の大きなトラヒックを収容するには、トラヒックの時間変動やネットワークの状態の変化に対して動的に経路を変更するトラヒックエンジニアリングと呼ばれる手法が有効である。しかし、各時刻のトラヒック量のみを考慮したトラヒックエンジニアリングでは、頻繁に大規模な経路変更が発生し、トラヒックを安定して収容することができない可能性がある。そのため、動的な経路変更を行う際にも、将来にわたるトラヒック変動を予測し、それを踏まえた制御が必要となる。本稿では、予測を用いた動的トラヒックエンジニアリングの入力として必要なトラヒック予測の要件を議論し、その要件に合致したトラヒック予測手法について検討を行う。予測手法の検討において、本稿では、実際のトラヒックには、予測可能な変動と、予測困難な変動が混在している点に注目し、予測の前処理として予測可能な変動のみを取り出す手法と、予測モデルの組み合わせについて評価を行う。そして、Internet2で観測されたデータを用いた評価により、主成分分析を用いたSARIMAモデルによる予測が過大評価を小さく保ちつつ、過小評価を1%に抑えるということを明らかにする。 
(英) Traffic engineering with traffic prediction is one approach to accommodate time-varying traffic adaptively. In this approach, the routes are calculated so as to avoid congestion based on the predicted traffic. The accuracy of the traffic prediction however has large impacts on this approach. In this paper, we investigate the traffic prediction methods suitable to traffic engineering, focusing on their underestimation that may cause the congestion. We evaluate the traffic prediction methods by using the actual traffic traces, and clarify that the SARIMA with the principal component analysis achieves the small underestimation without a large overestimation.
キーワード (和) トラヒック予測 / トラヒックエンジニアリング / データマイニング / 主成分分析 / 季節自己回帰和分移動平均モデル / / /  
(英) Traffic Prediction / Traffic Engineering / Data Mining / Principal Component Analysis / Seasonal Autoregressive Integrated Moving Average Model / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 287, NS2012-115, pp. 65-70, 2012年11月.
資料番号 NS2012-115 
発行日 2012-11-08 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ ICM NS  
開催期間 2012-11-15 - 2012-11-16 
開催地(和) 長浜バイオ大学 
開催地(英) Nagahama Inst. of Bio-Science and Tech. 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク管理・計測,ネットワーク仮想化,一般 
テーマ(英) Network Quality, Network Management and Measurement, Network Virtualization, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-11-CQ-ICM-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) トラヒックの時間変動を考慮した動的トラヒックエンジニアリングのためのトラヒック予測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Traffic Prediction for Dynamic Traffic Engineering Considering Traffic Variation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トラヒック予測 / Traffic Prediction  
キーワード(2)(和/英) トラヒックエンジニアリング / Traffic Engineering  
キーワード(3)(和/英) データマイニング / Data Mining  
キーワード(4)(和/英) 主成分分析 / Principal Component Analysis  
キーワード(5)(和/英) 季節自己回帰和分移動平均モデル / Seasonal Autoregressive Integrated Moving Average Model  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大歳 達也 / Tatsuya Otoshi / オオトシ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大下 裕一 / Yuichi Ohsita / オオシタ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata / ムラタ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 洋介 / Yousuke Takahashi / タカハシ ヨウスケ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石橋 圭介 / Keisuke Ishibashi / イシバシ ケイスケ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩本 公平 / Kohei Shiomoto / シオモト コウヘイ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-16 16:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2012-115 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.287 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会