お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-15 10:00
P2Pライブ配信システムの開発とロンドン五輪におけるライブ配信実証実験
西村 敏青木勝典中川俊夫遠藤洋介石川清彦NHKCQ2012-60
抄録 (和) インターネットで同時に多数の視聴者にライブ映像を配信する技術としてP2Pライブ配信方式の開発を進めている.P2Pライブ配信においては,多様なインターネット接続環境において,大規模かつ安定した配信を実現することが課題である.そのため,複数の端末がメッシュ状に接続するとともに,各々の端末の送受信状態やネットワーク環境を考慮して,安定性の高い中継ネットワークを構築する技術を開発した.本稿では,開発したシステムについて述べるとともに,本システムを用いてロンドン五輪における一部競技のインターネットライブ中継をおこなった結果をもとに,配信の安定性およびサーバの負荷軽減性能の評価を行う. 
(英) We are developing an application-layer multicast system based on Peer-to-Peer (P2P) technologies to efficiently distribute live content, such as TV program-related videos or live events, over the Internet. In a P2P delivery system, the construction strategy of the P2P network and the ratio of stream forwarders to all terminals greatly affect its stability and streaming capacity. The location of each terminal in the P2P network should be adjusted by considering its bandwidth capacity and the configuration of the private network where it belongs. In addition, it is necessary to take into account the abrupt termination of stream reception and forwarding by end users. Robust delivery paths are necessary to maintain stable stream relay.
We developed a new P2P live streaming system that improves robustness by constructing a mesh-type network and enlarges streaming capacity by improving the use of terminals connected to high-speed broadband. This system has dedicated to live streaming of 2012 London Olympic Games. Through these trials, the effects of server load reduction and stable distribution of streaming content were proved.
キーワード (和) P2P / メッシュ型 / ライブストリーミング / サーバ負荷軽減率 / ロンドン五輪 / / /  
(英) P2P / mesh-type network / live streaming / server load reduction rate / London Olympics / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 288, CQ2012-60, pp. 19-24, 2012年11月.
資料番号 CQ2012-60 
発行日 2012-11-08 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2012-60

研究会情報
研究会 CQ ICM NS  
開催期間 2012-11-15 - 2012-11-16 
開催地(和) 長浜バイオ大学 
開催地(英) Nagahama Inst. of Bio-Science and Tech. 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク管理・計測,ネットワーク仮想化,一般 
テーマ(英) Network Quality, Network Management and Measurement, Network Virtualization, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2012-11-CQ-ICM-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) P2Pライブ配信システムの開発とロンドン五輪におけるライブ配信実証実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of a P2P Live Streaming System and its Performance Evaluation through Live Streaming Trials in 2012 London Olympics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) P2P / P2P  
キーワード(2)(和/英) メッシュ型 / mesh-type network  
キーワード(3)(和/英) ライブストリーミング / live streaming  
キーワード(4)(和/英) サーバ負荷軽減率 / server load reduction rate  
キーワード(5)(和/英) ロンドン五輪 / London Olympics  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 敏 / Satoshi Nishimura / ニシムラ サトシ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 勝典 / Katsunori Aoki / アオキ カツノリ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 俊夫 / Toshio Nakagawa / ナカガワ トシオ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 洋介 / Yosuke Endo / エンドウ ヨウスケ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 清彦 / Kiyohiko Ishikawa /
第5著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-15 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2012-60 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.288 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2012-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会