お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-15 16:20
[招待講演]移動通信のセル構成と基地局アンテナ技術
中野雅之KDDI研RCS2012-171
抄録 (和) 移動通信の無線セルはオムニ構成から始まり,セクタ構成によりエリアの拡大及び音声呼の容量拡大を図るために構築されてきた.一方,現在では,音声通信から変わって高速データ通信が主流となり,低干渉で大容量の無線セルが求められている.本稿では,これらのセル構成を実現するための基地局アンテナの特に指向性形成技術と役割について説明する. 
(英) Radio cell of the cellular network began by the omni structure, then have used the sector structure for area expansion and the higher capacity of the voice traffic. Recently, higher data communications are mainly instead of voice communication, as so the cell of the low interference and high data capacity are demanded. In this paper, the role of the base station, especially, antenna pattern forming technology for these cell structures is explained.
キーワード (和) 無線セル / 基地局アンテナ / 高速データ通信 / 指向性 / リング・オムニセル / / /  
(英) Radio Cell / Base Station Antenna / High Data Communication / Antenna Pattern / Ring Omni Cell / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 286, RCS2012-171, pp. 61-66, 2012年11月.
資料番号 RCS2012-171 
発行日 2012-11-08 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2012-171

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2012-11-14 - 2012-11-16 
開催地(和) 東京電機大学(東京千住キャンパス) 
開催地(英) Tokyo Denki University 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2012-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 移動通信のセル構成と基地局アンテナ技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cell Structure and Base Station Antenna Technology for Cellular Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線セル / Radio Cell  
キーワード(2)(和/英) 基地局アンテナ / Base Station Antenna  
キーワード(3)(和/英) 高速データ通信 / High Data Communication  
キーワード(4)(和/英) 指向性 / Antenna Pattern  
キーワード(5)(和/英) リング・オムニセル / Ring Omni Cell  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 雅之 / Masayuki Nakano / ナカノ マサユキ
第1著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-15 16:20:00 
発表時間 50 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-171 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.286 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2012-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会