電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-15 10:15
差動時空ブロック符号化のための判定帰還伝送路予測による復調方式
久保博嗣立命館大RCS2012-163
抄録 (和) 本報告では,差動時空ブロック符号化 (DSTBC : differential space-time block coding) の追随特性改善を目的として,伝送路推定に判定帰還に基づく高次伝送路予測を用いた復調方式を提案する.DSTBCの中でも,非定包絡線 (NCM : non-constant modulus) 形のDSTBCは,PAPR (peak to average power ratio) は増加するものの,復調処理が簡単なため広く検討されている.しかし,NCM-DSTBCに対する従来の復調処理は,1ブロック過去の受信信号のみにより判定処理を行うため,高速に変動する伝送路への追随特性が劣化する.提案方式は,複数ブロックに渡る過去の受信信号と判定値を用いて伝送路特性を予測することで,復調処理量を大幅に増加させることなく,伝送路変動への追随特性を改善するものである.本報告では,まず,解析的に判定帰還伝送路予測のアルゴリズムを導出する.次に,計算機シミュレーションにより,提案方式が従来方式より2倍程度高速なフェージング伝送路に適用可能なことを明らかにする. 
(英) In order to improve tracking capability for fast time-varying channels, this paper proposes demodulation schemes employing high order decision-directed channel prediction for differential space-time block coding (DSTBC). Non-constant modulus (NCM) type DSTBC has been widely investigated in spite of its large peak to average power ratio (PAPR), because its hardawre complexity for demdulation is relatively small. However, tracking capability of the conventional demodulation scheme for NCM-DSTBC suffers from serious performance degradation on fast time-varying channels, because the demodulation is performed based on the estimated channels according to the single block of the most recent received signals. As the proposed scheme predicts channls according to the most recent multiple blocks of the received signals and decisions, it can improve tracking capability without serious increase of hardware complexity. First, this paper analitically derives demodulation algorithms based on a decision-directed channel prediction. Next, computer simulation confirms that the proposed demodulation schemes can track about twice as large as the conventional ones, with respect to maximum Doppler frequency.
キーワード (和) MIMO / 差動時空符号化 / 判定帰還 / 高次伝送路予測 / 高速フェージング / / /  
(英) Multiple-Input Multiple-Output / Differential Space-Time Coding / Decision-Feedback / High Order Channel Prediction / Fast Time-Varying Fading / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 286, RCS2012-163, pp. 13-18, 2012年11月.
資料番号 RCS2012-163 
発行日 2012-11-08 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2012-163

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2012-11-14 - 2012-11-16 
開催地(和) 東京電機大学(東京千住キャンパス) 
開催地(英) Tokyo Denki University 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2012-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 差動時空ブロック符号化のための判定帰還伝送路予測による復調方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Demodulation Schemes Employing Decision-Directed Channel Prediction for Differential Space-Time Block Coding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / Multiple-Input Multiple-Output  
キーワード(2)(和/英) 差動時空符号化 / Differential Space-Time Coding  
キーワード(3)(和/英) 判定帰還 / Decision-Feedback  
キーワード(4)(和/英) 高次伝送路予測 / High Order Channel Prediction  
キーワード(5)(和/英) 高速フェージング / Fast Time-Varying Fading  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 博嗣 / Hiroshi Kubo / クボ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-15 10:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-163 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.286 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2012-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会