お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-14 14:15
健常大学生を対象とした自閉症スペクトラム指数及び愛着スタイルの個人差と社会スキルとの関連
高橋純一東北大/学振)・玉木宏樹福島大)・山脇望美名大HIP2012-51
抄録 (和) 本研究では,健常大学生 (n = 353) を対象として,自閉症傾向 (AQ: Autism-spectrum Quotient),愛着スタイル (内的作業モデル尺度),及び社会スキル (KiSS-18) との関連について検討した。AQは5因子 (社会スキル,細部への注意,注意の切り替え,コミュニケーション,想像力),内的作業モデル尺度は3因子 (安定型,アンビバレント型,回避型),KiSS-18は単因子構造から構成されたものである。最初に,自閉症傾向と愛着スタイルとの関連について検討した結果,高自閉症傾向群 (AQ ≧ 26得点) の方が低自閉症傾向群 (AQ ≦ 25得点) よりも安定型傾向が低く,逆に,アンビバレント型及び回避型傾向が高かった。次に,自閉症傾向と社会スキルとの関連について検討した結果,高自閉症傾向群の方が低自閉症傾向群よりも社会スキル得点が低かった。以上を踏まえて,自閉症傾向及び愛着スタイルの個人差が社会スキル得点に及ぼす影響について検討した。その結果,高自閉症傾向群において,安定型傾向が低い者,あるいはアンビバレント型傾向と回避型傾向の低い者の社会スキル得点が最も低かった。一方で,自閉症傾向が高くとも,安定型傾向が高い場合,あるいはアンビバレント型傾向と回避型傾向が低い場合においては,社会スキル得点は必ずしも低くはならないことが分かった。したがって,自閉症傾向と社会スキルとの関連は,愛着スタイルの個人差に依存して変容し得る可能性が示唆される。 
(英) We investigated the relationships among the Autism-spectrum Quotient (AQ), the attachment style (IWM: Internal Working Model scale), and the social skill ability (KiSS-18) from the general population (n = 353). The AQ is composed of 5 subscales: Social skills, Local details, Attention switching, Communication, and Imagination. The IWM is composed of 3 subscales: Secure, Anxious, and Avoidant styles. The KiSS-18 is a single-factor model. Firstly, we examined the relationship between the AQ score and the IWM score. The results showed that the High AQ group (AQ score ≧ 26) showed lower scores of Secure type and higher scores of Anxious and Avoidant types than the Low AQ group (AQ score ≦ 25). Next, we examined the relationship between the AQ score and the KiSS-18 score, showing that the score of KiSS-18 for the High AQ group was higher than that for the Low AQ group. Moreover, we analyzed the effects of AQ and IWM scores on the KiSS-18 score. The results showed that individuals with higher AQ score and lower Secure score, with higher AQ and Anxious scores, and with higher AQ and Avoidant scores showed lower score of the KiSS-18. These results suggest that the interaction between the autism spectrum and attachment style affects to the social skill ability.
キーワード (和) 自閉症スペクトラム指数 / 愛着スタイル / 社会スキル / / / / /  
(英) Autism spectrum / Attachment style / Social skill / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 283, HIP2012-51, pp. 17-22, 2012年11月.
資料番号 HIP2012-51 
発行日 2012-11-07 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2012-51

研究会情報
研究会 HIP ITE-HI ITE-CE  
開催期間 2012-11-14 - 2012-11-15 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所 2号館4階大会議室 
開催地(英) RIEC 
テーマ(和) 「マルチモーダル」、「感性情報処理」、「視知覚とその応用」およびヒューマン情報処理一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2012-11-HIP-HI-CE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 健常大学生を対象とした自閉症スペクトラム指数及び愛着スタイルの個人差と社会スキルとの関連 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Autism spectrum, attachment styles, and social skills in university students 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自閉症スペクトラム指数 / Autism spectrum  
キーワード(2)(和/英) 愛着スタイル / Attachment style  
キーワード(3)(和/英) 社会スキル / Social skill  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 純一 / Junichi Takahashi / タカハシ ジュンイチ
第1著者 所属(和/英) 東北大学/日本学術振興会 (略称: 東北大/学振)
Tohoku University/Japan Society for the Promotion of Science (略称: Tohoku Univ./JSPS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉木 宏樹 / Koju Tamaki / タマキ コウジュ
第2著者 所属(和/英) 福島大学 (略称: 福島大)
Fukushima University (略称: Fukushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山脇 望美 / Nozomi Yamawaki / ヤマワキ ノゾミ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-14 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2012-51 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.283 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HIP-2012-11-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会