電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-06 15:05
マルチレーン転送を用いた容量可変光トランスポートにおける個別レーン監視・通知方法の検討
北村 圭山田義朗久留賢治手島光啓NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 大容量トラヒックを効率的にネットワーク収容するために,トラヒック需要に応じて転送容量を変更する光トランスポート技術を検討している.現在までに我々は,そのキーとなる可変トランスポートフレームとアダプティブ・マルチレーン転送によるOTU-flex方式を提案してきた.OTU-flex方式は,可変トランスポートフレームを複数物理レーンによるマルチレーン転送を行うものであり,転送容量に応じてレーン数を変更する.本報告では,ITU-T G.709勧告の100G/40G-OTNにおけるパラレル転送方式を機能拡張したアダプティブ・マルチレーン転送方式について報告する. 
(英) We study the cost-effective and flexible capacity transport technologies that adapt to sudden traffic demands. We have reported the OTU-flex scheme by using the flexible-size transport frame and adaptively-controlled multiple transport lanes. In this report, we propose the link failure detection and the error condition notification for the adaptive multiple lane transport scheme, that is added new functions to the multichannel 100G / 40G -OTN parallel interfaces in ITU-T G.709.
キーワード (和) 容量可変トランスポンダ / マルチレーン転送 / レーン監視 / / / / /  
(英) Variable bitrate transponder / Multi-lane transmission / Lane monitoring / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 276, PN2012-32, pp. 47-50, 2012年11月.
資料番号 PN2012-32 
発行日 2012-10-30 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2012-11-06 - 2012-11-06 
開催地(和) 日本女子大学 
開催地(英) Japan Women's University 
テーマ(和) IPバックボーンネットワーク、MPLS、GMPLS、フォトニックネットワークおよび一般 
テーマ(英) IP Backbone, MPLS, GMPLS, Photonic Network etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2012-11-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチレーン転送を用いた容量可変光トランスポートにおける個別レーン監視・通知方法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Link Failure Detection and Error Condition Notification for Adaptive Multiple Lane Transport 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 容量可変トランスポンダ / Variable bitrate transponder  
キーワード(2)(和/英) マルチレーン転送 / Multi-lane transmission  
キーワード(3)(和/英) レーン監視 / Lane monitoring  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 圭 / Kei Kitamura / キタムラ ケイ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 義朗 / Yoshiaki Yamada / ヤマダ ヨシアキ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 久留 賢治 / Kenji Hisadome / ヒサドメ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 手島 光啓 / Mitsuhiro Teshima / テシマ ミツヒロ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-06 15:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2012-32 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.276 
ページ範囲 pp.47-50 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-PN-2012-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会