電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-06 11:15
クロック回復なしのデータ回復
太田昌孝東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 送信側と受信側のクロック周波数の差が小さければ,受信信号を可変遅延線に通しDLLで受信側クロックに位相同期させることで,受信信号と受信側クロックの位相のずれが可変遅延線の可変範囲の間,クロック回復なしのデータ回復が行える.この方式は位相同期維持時間が短いパケット通信に有効で,特に,各波長に含まれるビット数が少なく迅速なクロック同期が必要な多波長パケットに有効である.同様に,送信側と受信側のLOの周波数の差が小さければ,受信光を可変遅延線に通しDLLで受信側LOに位相同期させることで,アナログコヒーレント受光も行える. 
(英) If clock frequency difference between a transmitter and a receiver is small, data recovery without clock recovery is possible if received signal is passed through a variable delay line and phase of the signal is synchronized to receiver’s clock using DLL (Delay Locked Loop), as long as phase difference between the signal and receiver’s clock is within variation range of the variable delay line. This method is useful for packet communication as time to retain phase synchronization is short and is especially useful for many wavelength packets as each wavelength contains small number of bits to which quick phase synchronization is necessary. Similarly, optical analog coherent reception is possible, if frequency difference between LOs (Local Oscillators) of a transmitter and a receiver is small and received light is passed through a variable delay line and phase of the light is synchronized to receiver’s LO.
キーワード (和) CDR (Clock Data recovery) / DLL (Delay Locked Loop) / コヒーレント受信 / / / / /  
(英) CDR (Clock Data Recovery) / DLL (Delay Locked Loop) / Coherent Reception / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 276, PN2012-27, pp. 17-21, 2012年11月.
資料番号 PN2012-27 
発行日 2012-10-30 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2012-11-06 - 2012-11-06 
開催地(和) 日本女子大学 
開催地(英) Japan Women's University 
テーマ(和) IPバックボーンネットワーク、MPLS、GMPLS、フォトニックネットワークおよび一般 
テーマ(英) IP Backbone, MPLS, GMPLS, Photonic Network etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2012-11-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) クロック回復なしのデータ回復 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Data Recovery without Clock Recovery 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CDR (Clock Data recovery) / CDR (Clock Data Recovery)  
キーワード(2)(和/英) DLL (Delay Locked Loop) / DLL (Delay Locked Loop)  
キーワード(3)(和/英) コヒーレント受信 / Coherent Reception  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 昌孝 / Masataka Ohta /
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: TIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-06 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2012-27 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.276 
ページ範囲 pp.17-21 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-PN-2012-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会