お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-27 15:25
言語流暢性検査における内在語彙生成の質的検討 ~ 英語、日本語、アラビア語、タイ語における比較言語による分析 ~
浅野恵子順天堂大TL2012-32 NLC2012-31
抄録 (和) 本研究では言語、文化的背景の違いを超えて、異なる言語の母語話者間で共通の内在語彙を保持しているかを分析することを目的としている。今回、異なる3言語話者の母語(日本語、アラビア語、タイ語)と第二言語である英語において、言語流暢性検査(Verbal Fluency Test)を施行した。そこで、母語と第二言語の音声語彙生成にどのような特徴性があるかを質的に語彙の種類の相違から検討した。今回の研究の結果、音韻流性課題において、共通に出現した語彙は少なく、特にカテゴリー流暢性課題においては、個別言語間の文化的背景に寄与した内在語彙表出に顕著な特徴性がみられた。 
(英) This cross-linguistics study investigated how different Japanese, Arabic and Thai second language learners orally produce words from their native languages aspects of Verbal Fluency Test. This test, which is widely spread using as clinical and language developmental assessments, is consisted on two different tasks: phonemic and categorical sections. In this study, the qualitative aspects between phonemic and categorical sections were analyzed as the ability of second and native language learners’ word production. On the phonemic sections, the common similarities were less found between three groups in their native and second languages. On the contrary to the pervious study (Pekkala et al. 2009), it was concluded that culture and language differences may contribute to categorical Verbal Fluency performance. The further studies will be focused on the way how the words are clustered and switched to generate among the different groups.
キーワード (和) 言語流暢性検査 / カテゴリー流暢性課題 / 内在語彙 / 音声語彙生成 / 比較言語分析 / / /  
(英) Verbal Fluency Test / Categorical sections, / Inherent words / Oral words production, / Comparative language study / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 267, TL2012-32, pp. 35-39, 2012年10月.
資料番号 TL2012-32 
発行日 2012-10-20 (TL, NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2012-32 NLC2012-31

研究会情報
研究会 NLC TL  
開催期間 2012-10-27 - 2012-10-27 
開催地(和) はこだて未来大学 研究棟R791 
開催地(英) Room R791, Research Bldg., Hakodate Future Univ. 
テーマ(和) 感情・評価・態度 
テーマ(英) Opinion, Sentiment, Emotion, and Human Affect 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2012-10-NLC-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 言語流暢性検査における内在語彙生成の質的検討 
サブタイトル(和) 英語、日本語、アラビア語、タイ語における比較言語による分析 
タイトル(英) Qualitative Inherent Word Production Analysis by Verbal Fluency Test 
サブタイトル(英) Comparative Study of Data from Native Speakers of Arabic, Thai and Japanese 
キーワード(1)(和/英) 言語流暢性検査 / Verbal Fluency Test  
キーワード(2)(和/英) カテゴリー流暢性課題 / Categorical sections,  
キーワード(3)(和/英) 内在語彙 / Inherent words  
キーワード(4)(和/英) 音声語彙生成 / Oral words production,  
キーワード(5)(和/英) 比較言語分析 / Comparative language study  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅野 恵子 / Keiko Asano / アサノ ケイコ
第1著者 所属(和/英) 順天堂大学 (略称: 順天堂大)
Juntendo University (略称: Juntendo Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-27 15:25:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2012-32,IEICE-NLC2012-31 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.267(TL), no.268(NLC) 
ページ範囲 pp.35-39 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-TL-2012-10-20,IEICE-NLC-2012-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会