お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-27 14:15
[ポスター講演]聴覚ディスプレイによる視覚障害者のタッチパネル操作性改善
西澤達夫信州大/シナノケンシ)・井上裕翔大谷 真橋本昌巳香山瑞恵伊東一典信州大EA2012-74
抄録 (和) タッチパネルは,画面に触って直接操作が可能なため,GUIとの組み合わせで多くの機能を実現できる直感的な使い易いインタフェースとして普及が加速している.一方で視覚障害者にとっては,表面が平らで,どこを触ったら良いのかが分からないため,使い難いインタフェースとして敬遠されてきた.しかし,スマートフォンを始めとして,視覚障害者のタッチパネル搭載機器に対する利用要求が,今後益々高まるものと予測される.本研究では,指でタッチパネルを触った位置を,HRTFを用いた聴覚ディスプレイでフィードバックすることで,視覚障害者によるタッチパネルの操作性改善の可能性を検討したので報告する. 
(英) Touch panel interface is expanding its application rapidly, since GUI allows direct manipulation and easy interaction for the sighted people. However this interaction significantly relays on visual feedback, which is inaccessible for the visually impaired. In this paper, we propose the improvement of touch panel operation by adding auditory display that feedback the position of fingertip.
キーワード (和) タッチパネル / 指先動作指示 / 聴覚ディスプレイ / HRTF / 視覚障害者 / / /  
(英) Touch Panel / Finger Gesture / Auditory Display / HRTF / Visually Impaired / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 266, EA2012-74, pp. 55-60, 2012年10月.
資料番号 EA2012-74 
発行日 2012-10-20 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2012-74

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2012-10-27 - 2012-10-28 
開催地(和) 牛岳温泉リゾート(富山) 
開催地(英) USHIDAKE resort (Toyama) 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2012-10-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 聴覚ディスプレイによる視覚障害者のタッチパネル操作性改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of touch panel operation with auditory display for the visually impaired 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) タッチパネル / Touch Panel  
キーワード(2)(和/英) 指先動作指示 / Finger Gesture  
キーワード(3)(和/英) 聴覚ディスプレイ / Auditory Display  
キーワード(4)(和/英) HRTF / HRTF  
キーワード(5)(和/英) 視覚障害者 / Visually Impaired  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西澤 達夫 / Tatsuo Nishizawa / ニシザワ タツオ
第1著者 所属(和/英) 信州大学/シナノケンシ株式会社 (略称: 信州大/シナノケンシ)
Shinshu University/Shinano Kenshi Ltd. (略称: Shinshu Univ./Shinano Kenshi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 裕翔 / Hiroto Inoue / イノウエ ヒロト
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大谷 真 / Makoto Otani / オオタニ マコト
第3著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 昌巳 / Masami Hashimoto / ハシモト マサミ
第4著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 香山 瑞恵 / Mizue Kayama / カヤマ ミズエ
第5著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊東 一典 / Kazunori Itoh / イトウ カズノリ
第6著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-27 14:15:00 
発表時間 210 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2012-74 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.266 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2012-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会