電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-27 11:00
ファシリテーターの有無に着目したグループディスカッションの談話分析
杉本 航大塚裕子公立はこだて未来大TL2012-27 NLC2012-26
抄録 (和) 社会的問題解決の場において,話し合いによる情報共有,意思決定,合意形成などに関心が高まっている.一方で,多種多様な人々で構成される集団において,議事を進めていくことのむずかしさも認識されている.本研究では,大学生6名を1グループとし,与えられたトピックについて合意形成をはかる課題設定を与えてグループディスカッションを実施した.その収録データを対象に,ファシリテーターの有無,ファシリテーター発生の有無,ディスカッション開始時の前提知識確認の有無などが談話の流れにどのように影響するかを談話分析し,グループごとの異なる条件によってどのような違いがみられるか傾向を比較した. 
(英) In the social problem solving, there is a growing interest for information sharing, decision-making, and consensus building by dialogue. On the other hand, it is recognized that it is difficult to discuss in the group composed of various people. In this study, we have conducted an experimental group discussion that one group consists of six college students gives the task to make consensus on a given topic.
To clarify the difference of if not the case that for the recorded data, there are facilitators. We have analyzed the implications of discourse does not occur and might be a role of the facilitator, and the existence of prerequisite knowledge at the start of the confirmation of the discussion is how the flow of the discourse, or influence.
キーワード (和) 合意形成 / 談話分析 / ファシリテーター / グループディスカッション / / / /  
(英) consensus formation / discourse analysis / facilitator / group discussion / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 268, NLC2012-26, pp. 7-12, 2012年10月.
資料番号 NLC2012-26 
発行日 2012-10-20 (TL, NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2012-27 NLC2012-26

研究会情報
研究会 NLC TL  
開催期間 2012-10-27 - 2012-10-27 
開催地(和) はこだて未来大学 研究棟R791 
開催地(英) Room R791, Research Bldg., Hakodate Future Univ. 
テーマ(和) 感情・評価・態度 
テーマ(英) Opinion, Sentiment, Emotion, and Human Affect 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2012-10-NLC-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ファシリテーターの有無に着目したグループディスカッションの談話分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Discourse analysis of group discussion focusing on facilitator's influence 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 合意形成 / consensus formation  
キーワード(2)(和/英) 談話分析 / discourse analysis  
キーワード(3)(和/英) ファシリテーター / facilitator  
キーワード(4)(和/英) グループディスカッション / group discussion  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉本 航 / Wataru Sugimoto / スギモト ワタル
第1著者 所属(和/英) 公立はこだて未来大学 (略称: 公立はこだて未来大)
Future University Hakodate (略称: FUN Hakodate)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 裕子 / Hiroko Otsuka / オオツカ ヒロコ
第2著者 所属(和/英) 公立はこだて未来大学 (略称: 公立はこだて未来大)
Future University Hakodate (略称: FUN Hakodate)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-27 11:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 NLC 
資料番号 IEICE-TL2012-27,IEICE-NLC2012-26 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.267(TL), no.268(NLC) 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2012-10-20,IEICE-NLC-2012-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会