お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-27 13:55
聞き手の感情を喚起する発話の分類と生成
長谷川貴之鍜治伸裕吉永直樹豊田正史東大TL2012-30 NLC2012-29
抄録 (和) 聞き手の感情を推し量ることは,自然な対話を行うためには必要不可欠な作業である.本論文では,聞き
手の感情を考慮した発話生成の実現に向けた足がかりとして,(1) 聞き手にどのような感情を喚起させるのかという
観点に基づく発話分類,(2) 聞き手に特定の感情を喚起させるような発話生成,という2 つのタスクを提案する.加え
て,いずれのタスクに対しても,マイクロブログ上の大規模対話データを用意し,少数の感情表現で対話に聞き手の
感情カテゴリをタグ付けした.そのコーパスに基づく統計的手法を提案し, 実験を通して有効性を示す. 
(英) Considering receiver's emotion in conversation is important to do natural communication. We propose
two tasks. (1)Classi cation of utterances in terms of receiver's emotion. (2)Generation of utterances to evoke par-
ticular emotion. We prepare the conversation corpus of microblog, and tag it receiver's emotions by a few emotional
phrases. The experiments show our statistical methods are better than baselines.
キーワード (和) 対話 / 感情 / 発話生成 / / / / /  
(英) conversation / emotion / utterance generation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 268, NLC2012-29, pp. 25-30, 2012年10月.
資料番号 NLC2012-29 
発行日 2012-10-20 (TL, NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2012-30 NLC2012-29

研究会情報
研究会 NLC TL  
開催期間 2012-10-27 - 2012-10-27 
開催地(和) はこだて未来大学 研究棟R791 
開催地(英) Room R791, Research Bldg., Hakodate Future Univ. 
テーマ(和) 感情・評価・態度 
テーマ(英) Opinion, Sentiment, Emotion, and Human Affect 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2012-10-NLC-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 聞き手の感情を喚起する発話の分類と生成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Classification and Generation of the Utterances Evoking Receiver's Emotions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 対話 / conversation  
キーワード(2)(和/英) 感情 / emotion  
キーワード(3)(和/英) 発話生成 / utterance generation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 貴之 / Takayuki Hasegawa / ハセガワ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Todai)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鍜治 伸裕 / Nobuhiro Kaji / カジ ノブヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 生産技術研究所 (略称: 東大)
Institute of Industrial Science, the University of Tokyo (略称: Todai)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉永 直樹 / Naoki Yoshinaga / ヨシナガ ナオキ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 生産技術研究所 (略称: 東大)
Institute of Industrial Science, the University of Tokyo (略称: Todai)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊田 正史 / Masashi Toyoda / トヨダ マサシ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 生産技術研究所 (略称: 東大)
Institute of Industrial Science, the University of Tokyo (略称: Todai)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-27 13:55:00 
発表時間 30 
申込先研究会 NLC 
資料番号 IEICE-TL2012-30,IEICE-NLC2012-29 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.267(TL), no.268(NLC) 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2012-10-20,IEICE-NLC-2012-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会